※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福島県の甲状腺被曝線量


関連:

放射能による甲状腺がん・甲状腺調査について [index]
このページの親ページ>http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/44.html


いずれも甲状腺等価線量

いわき市の子ども 最大で35mSv (内閣府 原子力安全委員会

2012.2.21
甲状腺被曝、最高35ミリシーベルト いわきの子ども
内閣府の原子力安全委員会は21日、昨年3月下旬に福島県いわき市で実施した検査
東京電力福島第一原発事故の影響による子どもの甲状腺の被曝(ひばく)問題について、内閣府の原子力安全委員会は21日、昨年3月下旬に福島県いわき市で実施した検査で、甲状腺の局所の被曝線量が最高で35ミリシーベルトだったという評価値を公表した。

甲状腺被ばく30ミリシーベルト以下 原発事故時周辺の1歳児、放医研推計(福島民報

東京電力福島第一原発事故直後に飛散した放射性ヨウ素による1歳児の甲状腺被ばく量(等価線量)は30ミリシーベルト以下がほとんどだったとする推計結果を放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームがまとめ、東京で27日に開かれた国際シンポジウムで発表した。国際原子力機関(IAEA)が甲状腺被ばくを防ぐため安定ヨウ素剤を飲む目安としている50ミリシーベルトを下回った。

浪江町 最大約8mSv

2011.11.19
浪江の甲状腺被曝量、チェルノブイリの千分の1
高田教授は事故後の4月8、9日、同県内の避難所で、18歳~60歳代の浪江町民計40人の甲状腺被曝量を測定した。結果は3・6~7・8ミリ・シーベルトで、平均は約5ミリ・シーベルトだった。一方、チェルノブイリの周辺住民は、数シーベルトから50シーベルトとされている。

「福島はチェルノブイリにも広島にもならなかった」高田 純 札幌医科大学教授(放射線防護学)
http://www.gepr.org/ja/contents/20120220-01/
チェルノブイリの1/1000から1万分の1以下なので、放射線由来の甲状腺がんにはならない
事故1月以内に検査した浪江町を含む66人の甲状腺線量の最大が8ミリシーベルト(正しい専門用語ではミリグレイ)と、チェルノブイリの被災者の1千分の1から1万分の1以下であった。これでは、放射線由来で甲状腺がんにはならない。

飯館などの甲状腺被曝等価線量推定(早野龍五氏

2013.2.16
川俣・飯館の15歳未満1080人のデータから推測される甲状腺等価線量は最大で30mSv未満。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/255.html

弘前大浪江町を調査 甲状腺被曝(等価)線量は最大で33mSv


弘前大被ばく医療総合研究所(青森県弘前市)の床次真司教授のグループ甲状腺 等価 線量を 最大で33mSv としている。
事故直後2011年3月15日に放射性ヨウ素を吸入したと仮定した場合、甲状腺等価線量は、最大 33 mSvと見積もった。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/282.html