リンク:放射能に関して参考になるブログなど


新着 [new] 2013.5.19

HidetaFukushimaのブログ http://hidetafukushima.blogspot.jp/
福島県福島市で妻と3人の子供と住んでいます。 福島復興が私のシングルイシューです。原発推進・反対等々いがみあいは無意味です。自分と家族、地域の状況を改善したい。 http://twitter.com/HidetaFukushima

+[new] 2013以降に追加
内部被曝通信 (坪倉正治氏)
研究機関ではありませんが、福島第一原発近くの総合病院医師坪倉氏が、内部被曝について情報を発信されています。
http://apital.asahi.com/article/fukushima/index.html
福島第一原発から23キロにある総合病院で働く血液内科医・坪倉正治さんが、住民と共に内部被曝について考えます。

食品の放射能検査データを読むのに役立つ情報:農産物編

あさっては雨 http://d.hatena.ne.jp/leaf_parsley/
Twitterで多くの放射能に関する有益なTogetterまとめを作成している方のブログ。先日発見しましたので紹介。今更ですいません。

特に読んで貰いたい福島からのメッセージ

福島 信夫山ネコの憂うつ http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com
"「反原発」による「福島壊滅、逃げてください!」デマを除染するにゃ" 
福島からの情報発信をされている信夫山ネコさん。反原発の一部が反福島となりデマなどで福島の人たちを苦しめている実情がわかります。

HidetaFukushimaのブログ http://hidetafukushima.blogspot.jp/
福島県福島市で妻と3人の子供と住んでいます。 福島復興が私のシングルイシューです。原発推進・反対等々いがみあいは無意味です。自分と家族、地域の状況を改善したい。 http://twitter.com/HidetaFukushima

放射能情報・デマ検証・風評被害についてのブログ

内部被曝通信 (坪倉正治氏)
研究機関ではありませんが、福島第一原発近くの総合病院医師坪倉氏が、内部被曝について情報を発信されています。
http://apital.asahi.com/article/fukushima/index.html
福島第一原発から23キロにある総合病院で働く血液内科医・坪倉正治さんが、住民と共に内部被曝について考えます。

あさっては雨 http://d.hatena.ne.jp/leaf_parsley/
Twitterで多くの放射能に関する有益なTogetterまとめを作成している方のブログ。先日発見しましたので紹介。今更ですいません。

FEDisのニコニコ日記

ポストさんてんいちいち日記 http://icchou20.blog94.fc2.com/
3.11を契機に原発・放射線の情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。

ベレッタのナナメ45度視点!出張所
http://ameblo.jp/hina8989/
放射能・原発関係について

負げでらんにべした 福島 http://homepage2.nifty.com/test7/
ガイガーカウンター情報 放射能・放射性物質関連情報など

3.11東日本大震災後の日本 http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/
…原発事故関係のニュース満載のブログです。このブログでは、公表されたデータを元に自分なりの解釈を加えています。元になったデータは全てリンクで示しますので、ご自分で確認して判断してください。

東電福島原発事故–これを読むと本当のことがわかるサイトリンク集

愛・蔵太のもう少し調べて書きたい日記
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/
放射能関連のデマなどについて検証されています。

「アカチバラチの日記」http://d.hatena.ne.jp/akatibarati
原発・放射能に関する考察など。

放射能に関して有益な情報発信されている医師、研究者などのブログ
PseuDoctorの科学とニセ科学、それと趣味

buveryの日記 放射能と人体、甲状腺癌についての考察 ☆オススメ!
http://d.hatena.ne.jp/buvery/archive
興味あるトピック、エントリー:
原発一般では、小児白血病は増えていない。
ドイツ原発で癌が多いという論文を検証してみる。
大規模集団、低線量でのLNTに基づく予測は予測になっていない。
チェルノブイリでのセシウムの汚染はどうなったのか。
チェルノブイリの移住基準は5mSv/年、しかし移住の負担は大きかった
被爆だけが恐ろしいものではない。
甲状腺癌は予防できる。食べなければよい。半年もすればなくなる。
甲状腺癌は手術でなんとかなる。死亡率は低い。


warblerの日記「放射線の健康影響について-チェルノブイリ事故から」
福島原発事故と良く比較されているチェルノブイリ事故とは一体どんなものであったのか。細胞分子生物学が専門の理学博士で一児の母であるwarblerさんが、WHOの「チェルノブイリ事故の健康影響:概要」レポートを和訳しながら解説し、日本での放射線の健康影響について説明してくれています。(要約文by @chemy)

内科医 NATROMさんのブログ http://d.hatena.ne.jp/NATROM
内科医としての視線から、放射能の人体に対する影響などについて考察されています。