※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べる:福島&茨城の原乳(牛乳)の検査について


牛乳や乳製品の放射性物質を気にする理由:チェルノブイリの教訓

チェルノブイリの教訓が活かされた 、放射性ヨウ素対策。
チェルノブイリの原発事故で増えたガンは小児甲状腺がん。これの原因になったのは事故直後に牛乳や乳製品から摂取した放射性ヨウ素です。セシウムではありません。これを教訓に日本国内では牛乳の出荷停止など適切な措置が講じられました。

その量については、福島は対策を行ったのでチェルノブイリ事故の際とは「桁が違う」ことが分かっています。詳しくは以下を参照してください。
INDEX 放射性ヨウ素による甲状腺がん http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/44.html

今でも放射性ヨウ素は心配なのか
なお放射性ヨウ素は事故当初に気をつけるものです。半減期が8日と短いため数カ月後にはほとんどゼロになってしまうからです。よって原発から放射性ヨウ素が優位に放出されていないかぎり混入する心配はありません。

[現在の数値を確認]
農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。http://www.new-fukushima.jp/monitoring/result.php

[関連リンク]
食べる:放射性物質の検査 http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/69.html

2011年3月12日以降の原乳出荷について
http://togetter.com/li/410174
sdfmanさんのツイートから
流通がストップし、また停電のため、原乳の保管ができずに廃棄しています。

2014-03-15追加

牛乳の放射能問題に関するQ&A by (社)日本酪農乳業協会
Q1.牛乳の放射性物質汚染については、どのような検査が行われていますか?
Q5. 汚染レベルの高い原乳が、他の地域の原乳と混ぜて出荷されるということはありませんか?

福島の原乳検査でなぜ放射性物質が不検出なのか

「牛乳がNDの理由を、整理して書いてみる」  http://ameblo.jp/akio-s/entry-10935731350.html
Satoakiさんのブログエントリーの元になったツイッターのまとめのソースは、以下に記載してあります。酪農家の方の生の声(ツイート)です。↓

ポイントは「暫定基準値が高いので危険。との指摘は間違い。実際には放射線が不検出なレベル=機械が検出出来る限界以下」ということ。さらにその理由は「餌」と「水」のようです。つまり乳牛の体内に入る「放射性物質を最小限」にすることができた結果だということ。


生産者からの声  (福島の原乳(牛乳)の放射線検査)

福島&茨城産牛乳がND(不検出)な理由 http://togetter.com/li/142577
まとめ主のコメント:
なんで両県の牛乳からは放射性物質が検出されないのか。 酪農家の方が教えてくださいました。酪農は科学だ!
牛乳の「これから」を現実的に考える
まとめ主のコメント:
福島&茨城産牛乳がND(不検出)な理由の続き です。
今後、餌の状況の変化などによって、牛乳に含まれる放射性物質が、微量ながらも検出される可能性があるとのこと。具体的にどのような事態が考えられるのか、対策はどうすればいいのか、酪農家や業界関係者が語ってくれました。熟慮した結果、作成から本公開まで時間がかかりました。追加情報なども随時更新予定です。



関連:セシウムについて

牛乳のセシウム、すべて下限値以下  乳業協会が検査結果 2012年2月29日 asahi.com
検出下限値以下(つまりND)となっている。というニュース。検出下限値は10Bq/kg
※ND:検出基準以下レベル:暫定基準値ではなく、検出機器や設定条件によって決められる検出限界値を下回る値です。