※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べる:福島や近郊の野菜は危ないのか?


どうしても福島や東日本の農産物を食べたくない。というのは、個人の選択の自由です。しかしその選択の自由がもし間違った前提によるものなら、知らない間に風評被害に加担しているの「かも」しれません。中国からの黄砂が降っている西日本の農産物なら安全なのでしょうか。ヒ素やカドミウムなどのリスクに較べてどれだけのリスクがあるのでしょうか。あまりにも一つのリスクを針小棒大に感じていないか、考えなおしてみてはどうでしょう。

福島の農産物(野菜・米)は全量・全袋検査済み

福島県におけるH24産米の全袋検査結果
25Bq/kg以下: 99.8%
25-50Bq/kg0.20%, 50-75% 0.017%, 75-100 0.004%,
規制値超(100Bq以上)は 0.0007% (1000万袋中71袋)

福島の農産物のほとんどはセシウムが不検出(検出限界未満)
セシウムが(かなり)入っているという誤解
農家の方々の努力もあり、セシウムがほとんど検出されない農産物ばかりになっています。
※検査結果ついては後述しています。


内部被曝してるという誤解

核実験時代より摂取していない事実 福島県民の1日のセシウム摂取は0.2Bq(2014年)
実際に福島県民が福島の農産物などを食べていますが、陰膳検査によって分かっている1日あたりの放射性セシウム0.2Bq程度です。核実験時代の日本人のほうがはるかに多くの放射性セシウムを摂取しています。実際の摂取量はごく微量なのです。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/262.html

セシウムに関してのトップページ[INDEX 内部被曝、WBC調査、放射性セシウム] http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/234.html

早野教授らの福島の内部被ばくWBC調査ー「99%の人が不検出」検出された1%も平均10Bq/kg
東大の早野龍五教授らのグループで行われていた福島県内における大規模な内部被ばく調査の研究が発表されました。この調査では、ホールボディカウンターという計測機械を使い一人ずつ体全体の内部被曝量を計測。「99%の人が不検出」で、検出された1%の人も平均で10Bq/kgという結果がでました。

※ この検査の検出下限は300Bq/人。 300Bq/kgではないので注意。1人当たり体内全体で300Bq。(例えば30kgの人なら10Bq/kg以上、60kgの人なら5kBq/kg以上から検出可能)
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/281.html

検査体制・安全基準について

食べる:放射性物質の検査 (農産物・水産物)
食品に含まれる放射性物質検査データについてまとめたページです。関連ページのリンクもありますので、ぜひ参照してください。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/69.html

福島のお米、野菜、果物は世界的にも最も厳しい安全基準をクリアしている
福島のお米、野菜、果物は、放射性物質検査が行われており法的な安全基準をクリアしたものが出荷されています。
放射性セシウムの日本の基準は、世界的にも最も厳しいレベルの安全基準100Bq/kg(一般食品)です。EUはかつて1250Bq/kg、福島の原発事故後に、日本の古い暫定基準値500Bq/kgに改訂。日本はとても厳しい安全基準を採用しています。
安全基準は本当に大丈夫? →放射性物質(放射能)の食品規制 ver.2 (2012年以降)http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/237.html

日本の安全基準や検査体制が甘い。というのは完全な誤解・デマ
+ 「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」が使う不安を煽るトリック

不検出ばかりが並ぶ放射性物質検査
不検出(N.Dとも言う)というのは予め設定された検査機器の限界以下ということです。通常10Bq/kg以下に設定されています。

農林水産物モニタリング情報 by ふくしま新発売

福島の【お米】は全量全袋検査をされています

福島のお米の全量全袋検査
福島県が、検査の機器や体制を整え、24年に県内で生産された 全ての米を対象に、米袋単位で放射性セシウム濃度の検査 を行うものです。
基準値を超える米を流通させないよう、一袋一袋検査し、安全性を確認し、出荷しています。  
安全・安心を確保し、消費者の皆さまの信頼を取り戻すための新しい取組みです。

検査対象:福島県で生産するすべての24年産米 (販売する米、生産者が自宅で食べる米や親戚等に譲渡する米、ふるい下米など)

 <検査方法>生産者単位で、米袋にバーコードラベルを貼り付けます。
  この米袋を、県内各地に設置されたベルトコンベヤー式の全袋検査機器で検査をします。

[玄米] 放射性物質検査情報
ふくしまの恵み安全対策協議会
福島県内で生産した玄米は、全量・全袋検査を実施し、食品衛生法に定める一般食品の基準値(100ベクレル/Kg)以下であることを確認し出荷しています。

福島県やその周囲の農産物は食品検査が実施

検査をした結果、基準以下のものだけ出荷されています。多くの野菜は検出基準以下となっています。(2012.2.15現在)
※ND=検出せず・不検出・検出基準以下とは:
検査機器の検出可能なレベルより下だということ。0という意味ではありません。機器によりNDの値は違いますので、通常は検査結果に注釈として記載されています。

+ 「セシウム」タグがついているページ

+ 「内部被曝」タグがついているページ



被曝による人体の健康影響のリンク

放射能が人体に与える影響についてのリンク
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/13.html

















添付ファイル