※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福島で酷い健康被害が起きると断定する人たち


科学的根拠も全くなく、福島を地獄のように語る人たちがTwitter上にはいます。さて、この発言(ツイート)から半年以上、現時点で10ヶ月経過しています。事故からは1年半経過していますが「突然死が続発」したり諸々の健康被害が出ているデータはでていません。

「政府が隠蔽してる」と言い出しそうですが、そんなことできるわけがない。調査をしたら多くの学者が見るのでデータを改ざんすることなどできません。

そもそも、放射性物質検査で福島の農産物がND(不検出)であるのに有意な内部被曝などありえない。空間線量も、世界の自然放射線量を見れば福島県が特別高いわけでもない。つまり(科学的には)放射線による突然死は起こりえません。

突然死もあるでしょう。白血病にある人もいる。流産や異常出産になることもあるかもしれません。それを全て「すべて放射能のせい」にするのは無茶な理屈です。もし増えると断定するならば、ちゃんと根拠を示すべきなのです。

科学として主張し議論するなら反証可能性が必要です。反証できる根拠(データなど)がなければ科学ではありません。一方的に「私が思うからこうなのだ。理由なんて教えない」というのは科学ではない。

不安を煽るためのデマでしかありません。もしこれらを信じるならカルト宗教です。

半年、長くて一年。変化はまず福島宮城で起きてくる。急速にサティアン化しつつある両県だが、周囲や身内に突然死が続発し、白血病になる者が出始め、流産や異常出産が無視できないぐらい増え、災禍が自分の身に降りかかってくればさすがに目が醒める。彼らの呪縛が解け、人口流出が始まれば後は速い。
chervbim 2011/11/30 02:23:32