大江家災害対策本部@ ウィキ

3月19日 原発関連まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(3/19 23:20)放水は最大で連続10時間


  • 隊員は放水の距離や方向を調整したあと放水車を離れて待避し、放水は一時的に無人で行われることになっており、東京消防庁は、途中で車両の給油をしながら7時間にわたって放水を続けることにしています。
  • 1分間に3トンの出力で7時間、放水を続けた場合、放水される海水は1260トンに上り、使用済み燃料を保管するプールの容量とほぼ同じになる計算です。(NHK)

  • ちなみに使用済み核燃料プールをひたひたにするのに必要な量は1000トン近くだから、この調子だと爆発の恐れはなし。もう安定期に入ってますな。最初っからやれば福島も死の地とまで言われなかったかもしれんが、原発を廃炉にするリスクと比較したら、海水なんて絶対入れたくないと駄々こねてた東電の方針もやむなし。金はすべてを動かすんだなあ。ををゑ

(3/19 00:30)原発の現在状況(A´)


(3/19 00:30)福島第一、第二原子力発電所の緊急時における全国的モニタリングの強化について

更新履歴

取得中です。

東電公式ツイッター

ERROR: このプラグインのサポートが終了しました。twitter_widget_profile2プラグインをご利用ください。