丑の刻参り(うしのこくまいり)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】

【元ネタ】
丑の刻参り - Wikipedia
日本に古来伝わる呪術の一種。地方・伝わり方で差がある。

【初出】
-68

【登場巻数】

【解説】
典型的で伝統的な人の呪い方。
千早呪い屋の仕事として行なっている。

伍鈴の髪の毛を抜き、藁人形にねじ込んだ後、口汚く罵りながら、
木の幹に押しつけた藁人形に長い釘を剣山状態になるまで金槌で打ち込むのが千早のやり方。
伍鈴の髪の毛を媒介に使う理由は負の感情を集め、より強く呪われ力を発揮できるようにするため。

春亮千早が初遭遇した時も千早は丑の刻参りをしていた。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|