七番機構・棘式座位態《ドイツ式審問椅子("An Interrogation Chair")》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
フィアの機構

【元ネタ】
ヨーロッパ全域で使われた拷問具、審問椅子、祈りの椅子。
審問椅子と呼ばれるものには二種類あり、一般的に想像されるような全体にびっしりと刺の生えたものは実際には威圧用のもの。
実際に拷問に使用されるのはまばらに刺を生やしたタイプのものである。
一般的なイメージを重視して、前者のものをモデルにしたと考えられる。

【初出】
-194

【登場巻数】
ⅩⅠ

【解説】



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル