ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

南方熊楠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ピンで一番話が尽きない「明治時代の生物学者」は、南方熊楠だと思います。彼は日本人として始めてNature誌に論文を掲載し(粘菌の研究)、人類学・考古学・宗教学などを独学、『十二支考』などを執筆。留学先の英国では「歩く百科事典」と呼ばれ、自在に嘔吐することができました。

参考文献
鶴見和子『南方熊楠』
水木しげる『猫楠』
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|