フィアのハレンチ語録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ほわ……さ、先程のハレンチ男!
礼儀を知らんハレンチ小僧め!
あほ春亮め、ハレンチ小僧め……!
あのハレンチ小僧の謝罪を受け入れてやるとしよう
まったく、ハレンチな!
ハレンチ小僧め。
……生意気だ。ハレンチ小僧のくせに
驚かすな、ハレンチ小僧め!
ふん……まったく……ハレンチ小僧のくせに……!
ハレンチだ!

ここにはいないハレンチ小僧の間抜け面だ。
ハレンチなくすぐり攻撃……!
ハレンチ小僧にも一つくらい取り得があるのだ。
その他は基本的に全てハレンチ
こ、こら、春亮、ハレンチなものを見せるな。
ハレンチ小僧的に変なことをするなよ!
は、は、ハレンチ小僧め!
このハレンチ小僧が私達の風呂を除き――
わりと、ハレンチなものということだけわかるぞ
ハレンチっぷりか?

は、ハレンチだ。
もう一度言う、ハ・レ・ン・チ・だ!
このハレンチ小僧には呪いが発生しない。
まったく……ハレンチ小僧め。
ハレンチだハレンチだハレハレハレンチだ……!
ハレンチに足を放り出したところで
ハレンチ小僧め、
まったく、このハレンチ小僧め……
それ以上に、お前は、ハレンチ小僧だった……
ハレンチ小僧、だったのだ
ま、ハレンチっぷりには全く何も影響がないようだがな
何だそのハレンチな恰好は!
とてもハレンチな気がする
やはりこれ、少しハレンチではないのか?
ハレンチな見せびらかしっこだな。
ハレンチなことと誤解して……
ハレンチはハレンチなのだ。
ハレンチ小僧に天誅を下すのは、いつでもできる。
このハレンチ小僧め
このハレンチ小僧は延々とお前の膨らみを撫で回し続ける。

ハレンチ小僧こそ何もわかっておらんのだー
貴様のハレンチはもはや病気。
ハレンチ特効薬と本物の注射器を手に入れたときのためのシュミレーションその一
まったく、ハレンチな……
なっ、ハレンチ小僧め、
なんとなくハレンチな響きがあるな……
ハレンチ小僧め、なにか文句があるのか。
のわー!何をしておる、ハレンチ小僧め!
ついにハレンチ本領発揮かっ、
そのハレンチを止めなければ、
こんなハレンチ小僧にひっついていなければならないとは!
キリカとハレンチ小僧がセットで動いて、
ハレンチ小僧はハレンチであるが故にどんなハレンチな技を繰り出すかわからん。
ハレンチ小僧め。ええい、ハレンチ小僧め……!
ハーレーンーチーだーっ!
こんなハレンチ小僧を殺してどうしようというのだか……
ハレンチ小僧を殺すというのはさすがに見過ごせんし、
ハレンチとはいえお前には義理があるし、
ハレンチ、小僧め……ふ、うっ
ハレンチにベタベターっとしていることもないし、
あんなハレンチな行為をしているとは。
なんとハレンチな男だ。
事故とはいえ、ハレンチなものを見た。
春亮が喜ぶハレンチな出来事だと思った。
ハレンチ小僧め……
ハレンチにも貴様の身体に肉を押しつけておる

は、は、は……ハレンチ、小僧めっ!
何やらひどくハレンチっぽい……
な、なんという目だ……ハレンチ小僧め!
うむ。男でもハレンチな気がするな。
このハレンチな春亮や
ハレンチ小僧め、呪うぞ!

ハレンチ小僧はハレンチ病にかかれー、
はは、ハレンチ小僧め、あほーだな
それはハレンチ小僧がハレンチだということだ!
ハレンチ小僧のハレンチっぷりには付き合ってられん!
ふふん、ハレンチ小僧め。
見ろ、ハレンチ小僧のあの間抜けな顔を。
ハレンチな予感がプンプンしおるわ……!
何かハレンチなイベントが起きそうだと思ったら、
ハレンチ小僧め。
あのハレンチが続けばそのうち私が投げていたところだった!
次こそはなんとしてもハレンチを阻止するのだ!
ここでまたハレンチな事態が起きそうだぞ
ちぃ、春亮のハレンチ技能を私はまだ見誤っていたようだな……!
いつもいつもハレンチな失敗をしでかすというわけでもなかろう
お前はニヤニヤとハレンチ顔で
ハレンチ小僧め
どうだ美味いか、ハレンチ小僧め!
うぬぅ、引っ張られると痛いのだぞ、ハレンチ小僧め!
それはどうやらハレンチなことのようだ
二人でハレンチな遊びをしようとしている?
なぜならハレンチなことはハレンチだからだ。
恐ろしくハレンチな意味を内包した行為なのだ……!
とにかくハレンチなものであろうとは思う。
ハレンチ小僧め、そこへなおれ!
クロエと学内ハレンチ行為
学内デート=ハレンチ
体育倉庫がどうハレンチなのだ、何をどうハレンチに使って遊ぶのだ?
それほどハレンチとは思えん。
そこまでハレンチなことを
勿論、ハレンチ小僧とはまったく関係なく、
ほ、ほほぅ……なるほどハレンチだ、事情はとりあえずハレンチだわかった。
私にもわかるぞハレンチだ。
これはハレンチだ冷静に事に当たらねばならんハレンチだ。死ね
ハレンチ小僧め、卑怯な!
一体どんなハレンチな手を使って
よっぽどハレンチな調教を施したのであろうな!
思う存分痛くしてやる、ハレンチ小僧め!
今のは間違いなくお前のハレンチが悪い!

お前はとにかくハレンチ小僧だからな!
ハレンチ小僧の唯一の取り柄だ。
ハレンチ小僧め、そんな割れ目に小指を突っ込んで
ぬ、ぬぅ……ハレンチ小僧め、
こらハレンチ小僧め、まじまじと見るな!
ハレンチ男はケーサツに逮捕されるのだ。
お前のこれもハレンチ小僧らしいハレンチな逮捕級行為なのだ。
ああ、いかん、ハレンチすぎて、ムカムカしすぎて
ハレンチにあの女の掌をニギニギしていた件について
ハレンチのも程がある……全てが終わったならハレンチ小僧にオシオキをせねばなるまい
私!見逃さん!ハレンチ気配!
そう何度も何度も同じハレンチを見過ごしてたまるか……!
言っておくがこのハレンチ小僧と私、そしてキリカは同じクラスだ
私は貴様のハレンチを監督する立場であって、
お前のそのハレンチ顔が出れば、
ち、違う違うあほーめ呪うぞハレンチ小僧め呪うぞ!
ち、近すぎるわハレンチ小僧め!?

ハレンチ小僧め、ついにトチ狂いおったか!?
いきなりハレンチなニヤニヤ笑いとは
そのカルタはハレンチなものだったのか?
な、なんと、なんという……ハレンチな!ハレンチ小僧め!
ハレンチなものは基本的にお前が悪い!
ハレンチ小僧め、
それは不必要に大きく、目障りでハレンチで、
むむぅ……何か隠しておるな、ハレンチ小僧め!
な、なんというハレンチ隠し!
ハレンチ小僧が目でオンナを凌辱するのはいつものことだ
ハレンチ巫女め!
このハレンチ小僧め!
そしてハレンチ小僧!
ハレンチすぎる!
ハレンチ小僧め。
い、いい加減にしろ、このハレンチ巫女二号!
ふふふ……よくもやってくれたな、ハレンチ巫女二号!
なぜなら見た目がハレンチ巫女!そして逆に行動がハレンチ巫女なお前が二号に決まっておろう!
なんというか、さっきのハレンチ巫女一号のことだ
これはあのハレンチ巫女一号が悪いな!
むっ。ハレンチ小僧め、逃げるか!
ハレンチ巫女一号は着替え中だったな
ハレンチ巫女二号め……また繰り返すつもりか!
ビックリするほどのハレンチ小僧。
今はまだハレンチに抱き締めているだけだが、
いつあの手がハレンチな巫女服を剥き、
いいのか、ハレンチ巫女一号はこちらの手にあるのだ!
この父親が卒倒しそうなほどハレンチな凌辱が始まるぞ!
私はともかくお前やハレンチ巫女一号は歩き回って疲れただろう
ハレンチ巫女二号っ!
今は一刻も早くハレンチ巫女二号を捕らえなければならんのだぞ!
どわー!は、は、ハレンチ小僧め!
来おったな、ハレンチ巫女二号っ!
そこのハレンチ巫女一号の声だけでなく
あのウシチチじみたハレンチっぷりは、ウシチチと同様にウザいぞ!
ハレンチ小僧め、ついにトチ狂いおったか!?
ハレンチ巫女一号と二号はどっちも愚図だ!
まずはお前だ、ハレンチ巫女二号!
そこで次の説教に移るぞ、ハレンチ巫女一号!
このハレンチ巫女二号の力で雲を散らすことはできん
ハレンチ巫女二号よ、何を呆けておる!
ええい、ハレンチ巫女ズ、やり直しだ!
そしてこのハレンチ小僧は呪われないという体質を持っておる
だから私達はこのハレンチ小僧の家にいて、
このハレンチ巫女一号は声の概念を半分失い
ぬお、ハレンチ巫女一号に二号!

マヌケなハレンチ顔。
いつもいつもハレンチなことばかりしていて、
あのハレンチ小僧は。
チョコを渡してハレンチ小僧を喜ばせることなど容易い……
誰が一番あのハレンチ小僧を喜ばせられるか勝負
貴様がついに自分のハレンチ小僧っぷりを認めてハレンチ行為に及ぼうとしている
ノー・モア・ハレンチ!
問題は、あのハレンチ小僧が何を食えば一番喜ぶのかということ
や、こら、春亮、このハレンチ小僧め
な、なんだそのハレンチ顔は、
ぬぬ……なぜだ、ハレンチ小僧め!?
だが、そ、それはさすがにハレンチすぎる!
な、名残惜しい、だと!ハレンチ小僧め、
ハレンチ小僧め、私の頭を叩いたな!
まったく、デリカシーのないハレンチ小僧だな、お前は。
ハレンチ小僧め。
マッサージだよ、とか言いながらのハレンチ行為とか!
ボーっとしておるハレンチ小僧にキリカ、クロエも含めてな。
ハレンチだ、ハレンチすぎる!許さん!
いつもならハレンチだとしばき倒すところだが

ⅩⅠ

ハレンチ巫女二号ではないか!
ハレンチ巫女一号!
またハレンチ小僧にいろいろ監視される日々が始まるというわけだな
お前がそう言うとハレンチな気配しかせんぞ
おーい、ハレンチ小僧を連れてきたぞ
ハレンチ小僧はあんな風にならんのだ……!?
ハレンチ小僧のその足りない認識力にむかむかしておるのだ!
ハレンチ小僧の認識が間違っておるのなら
ハレンチ顔を浮かべるべきなのだ
そんなことはわかっておるわい、ハレンチ小僧め
ハレンチ小僧め、
ハレンチ巫女二号よ、
は、ハレンチ小僧!?なんというハレンチな!
ぬおっ、クロエ!と、ハレンチ小僧
ハレンチ巫女二号よ、何を言っておる?
近くのハレンチ巫女にでも泣きつけ。

ⅩⅡ

む。ハレンチ小僧だ。
は、ハレンチな……!
何を考えているのだ自分は。ハレンチすぎる!
ハレンチな奴らを見てしまったからハレンチがうつってしまったのだ。
失礼なハレンチ小僧だな!
うるさい黙れハレンチ小僧め。
なんと!は、ハレンチな――ハレンチ小僧め!
う、ウシチチめ……いくらなんでも目に余るハレンチっぷり!
一応ハレンチ小僧も元気にしておるという証明写真のようなものだ。
白と赤でハレンチ巫女のようだ、
服も切り裂かれてハレンチな有様になっている。
どうやら、私は……私は、本当にな。あのハレンチ小僧のことが――

ⅩⅢ

普段からそんなハレンチな肉塊をぶら下げて平然としていられるような無神経女なのだ、
ここはハレンチ小僧のハレンチ特性が最大限に発揮できる場所とみた!
ええい、ハレンチ小僧といいお前といい、私ばっかり注意しおって!
こらー!ハレンチ小僧め、何をやっているのだ!
ハレンチ小僧め、これは本当に!
おい、ハレンチ小僧……
そうだ、ハレンチ小僧の好みなど関係あるまい!
おい、ハレンチ小僧よ……どうなっておるのだ?
ハレンチ小僧め、どうせお前は暑がるウシチチのウチワ係か何かをやりたいと思っておるのだろ!
ハレンチなものがよく見えるからな!
今の奴は傍若無人で我儘放題で酒臭くて目障りでハレンチ!
ハレンチ小僧め、もしや既にウシチチに籠絡されているのではなかろうな!
まったく……こいつは、そんなハレンチ顔で、いつもいつも……
まあ、だからこそハレンチ小僧はハレンチ小僧なわけだが……
なんだそれは、ハレンチな!
気色悪いことを言うな、ハレンチ小
おいどうするのだハレンチ小僧、せっかく梅酒が切れたのに!
ハレンチ小僧。どういうことだ
私は、あのハレンチ小僧が誰と結ばれようが、特に関係はない。
ハレンチ行為の防止がてら戯れに投げつけられる雪玉程度の価値しかないのだということを伝えたかったのであって――
ハレンチ小僧、失敗は許されんぞ。
おい春亮、ハレンチ小僧らしくお前があいつに雪玉を投げつけたり
小学生女子に対するハレンチ行為には変わりない。
さてはお前が最後に残った魔法少女ハレンチグリーンだな。
おいハレンチ小僧め、なんでそんなことを言うのだ。
ん、ふあっ……ち、ちょっと待てハレンチ小僧め、
ぬほー!?春亮、こら、ハレンチ小僧めーっ!
ハレンチなという怒り。
お、おま……なぜ、はれ、ハレハレハレンチ、な……!
自分から服を捲って、ハレンチを受け入れ、イヤラシく誘い!
そうだハレンチ小僧め、いつもハレンチだが今回は度を超しておる!
もうハレンチは完全禁止だ!
なるほど、ウシチチは存在自体がハレンチだということがこいつのおけげで証明されてしまったようだ!
よっ、ハレンチの化身!
おっ?わ、私のハレンチな部分にも文句をつける気か!
てっきり、私はウシチチがついにハレンチフォースの暗黒面に堕ちてしまったのかと……
そう、私のためにおせんべを焼き続けるハレンチ小僧を考えながら起動すれば……
初めの偽物のようにハレンチすぎても困るが、最後の偽物のようにハレンチにまったく興味がなかったり嫌がったりしてもそれはそれでやりにくい。
うむ、適度にハレンチなことをする普段の春亮ぐらいがちょうどよいのだな
だからと言ってハレンチを許すわけではないぞ!
適度なハレンチには適度な仕置きで対抗できる、
度を超したハレンチには想像を絶するようなキツーイお仕置きが待っておる、

シイきゅーぶ!

それは、なんというか、ハレンチな気配がプンプンと……!
――ふん、ハレンチ小僧め。

フィアと愉快な仲間たちのRPGコスチューム

ハレンチ小僧め、お前は何を言っておるのだ?


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|