夜知春亮(やちはるあき)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
人名

【初出】

【登場巻数】
ⅩⅠ

【解説】
私立大秋高校に通う高校生。
クラスは1年生の時2(3)組、2年生に進級し1組となった。男子出席番号16番。

一人暮らしが長いため、家事は基本的に自分でこなし、料理の腕はなかなかのもの。
自炊をサボらないというポリシーを持っている。
お人好しで困っている人を見るとほっておけない性格。
自分に危害を加えた組織の人間でも見捨てず介抱したりする。
趣味が渋いため、友人たちから枯れていると呼ばれることがある。

霊感や特殊能力などはないが呪われた道具が齎す呪いの効力を受けない体質を持つ。
家が清浄な力の集まる中心ということもあり、父親が届ける呪われた道具の呪いを解く手助けをする。
ただし「呪いが効かない体質」とは言え、《周囲の人間》に呪いを与えるタイプの道具には通用しない。

基本的に戦闘力はないが、刀の姿になったこのはを持つことで戦うことができる。
その場合、春亮は身体の操作はこのはに任せることになる。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|