ニルシャーキ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
人名

【初出】
ⅩⅠ-

【登場巻数】
ⅩⅠⅩⅡ

【解説】
竜島/竜頭師団の団員。《竜階》は二位。女性。
行動は気紛れで、ただ強く、神出鬼没で、意味もなく現れては消える、天災の如き戦鬼ということで「戦鬼ニルシャーキ」と名付けられた。
蒐集戦線騎士領の騎士を一人で何十人も殺したことから《騎士殺し》とも呼ばれる。
リリィハウル・キルミスタが気圧されて動けなくなるほどの実力者。

プライベートは秘密主義で、いつも仮面を被っているため、素顔を知っているのは師団長だけという話もある。
組織以外の人間となると声も聞いた者はほとんどいない。

ネトーに傷をつけて、唯一復讐されていない人物。

口調は、不自然なほど語尾が「~だった」のように過去形になる。
汝の想像している通りの姓名に、おそらく間違いはないのだった。元より、我が一族に姓はなきだったが。

「最強の武器」を手に入れるため、ローリカ・シューゲイザーの持つ救済拷問官の瞳を狙っていたが、
コリン博士の整形手順により常に顔が変わり続けるローリカを特定できないでいた。
師団長が始めた托卵計画に便乗する形で計画を立て、ついにローリカを特定、救済拷問官の瞳を手に入れる。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|