ピーヴィー・バロヲイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
人名

【初出】

【登場巻数】

【解説】
蒐集戦線騎士領の一員。
階級は一級清廉騎士
21歳、未婚。

軽くウェーブがかった金髪に瀟洒なドレスを纏った白色人種の美女。
丁寧な言葉づかいの中で下品な言葉を吐き散らす。
好きなものは煙草、ペッパーステーキ、白ワイン。
サド侯爵を尊敬しているらしく、何度も彼の言葉を引用している。

外見の最大の特徴は両腕につけた指先から肩口まで覆う巨大な手甲。
手甲は黒々とした鉄の板が幾何学的に組み合わさり、ピーヴィー自身の胴回りほどの厚みを作っている。
巨人用に作られた義手か、巨大な西洋鎧の腕部分を装着しているような状態は、ヤジロベエじみたフォルムを形成しており、
その姿から《ゆらゆら人形(バランシングトーイ)》とも呼ばれる。
ちなみに、手甲の収納部分には煙草が入っている。

手甲は呪われた道具ではないにも関わらず、コンクリートを砕くほどの破壊力を持つ。
しかし、当然それによって生身の腕は骨格が歪み、壊死したように紫になってしまっている。

禍具を、手に持っただけで嘔吐するほどに毛嫌いしており、その憎悪と嫌悪は騎士の中でも特徴的。
特に細くて長い禍具が嫌い。
腕がボロボロになりながらも手甲で戦闘を行い、禍具を使わないのはそのため。
加えて、痛みが大好きで、敵を叩き潰せば(腕が傷つくので)同時に性的な興奮が味わえるという。
組織内でも「禍具に頼らず前衛で戦う稀有な戦士」とされ、狂犬的な扱いをされることが少なくない。
しかしフィア戦の負傷からやむをえず「手にしている限り死してなお自動で敵を殺す」禍具こと《舞踏会用戦斧(ダンスタイム)》を持ち出すに至った。

少なくとも能動的に人間を殺すことはしないが、禍具の破壊を邪魔したりする場合には容赦しない。

「ビッチ」が口癖で何度も、いくつかの言葉にルビを振る形で言っている。
最高(ビッチ)ですわ
最低(ビッチ)
糞(ビッチ)のお片付け
豚(ビッチ)が
腐れ道具(ビッチ)

 *

農業経営者の父が呪われた鞭を手に入れ、母と一緒に折檻されていた。
その経験から禍具への憎しみと、性癖が生まれた。

箱形の恐禍が搬送された先を突き止めた蒐集戦線騎士領からの任務でフィアを襲撃した。
大秋高校屋上での最初の襲撃では、春亮このはによって左の手甲を破壊されるも、戦闘力の低下した彼らを戦闘不能にする。
次いで暴走したフィアと戦うも、左腕を切断され、アマンダ・カーロットの手により撤退した。

自分に対して真っ向から意見を言える気概を持ったアマンダ・カーロットに好印象を持つが、
錐霞の策により裏切られたと勘違いし、舞踏用戦斧の生贄として切り裂く。

二度目の襲撃でフィア達との戦いに敗れ瀕死の重傷を負い、その後研究室長国に回収された。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|