※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイコロはただ振るために存在するのではない。サイコロの目によって、必ず何かをするためにある。「落とし穴に落ちたか判定する」「治療薬を飲んで生命点を回復する」「魔法が効いたか判定する」「眠って生命点の回復を試みる」「戦闘前に敵が友好的か調べる」「戦闘前に敵にワイロが効くか調べる」「戦闘開始に自分の素早さを決める」「戦闘開始に敵の素早さを決める」「戦闘中の自分の武器攻撃」「戦闘中の自分の魔法攻撃」「敵の攻撃」。。。いっぱいある。

サイコロを振りはじめる関数 dice.start(num, str) に2つの引数を持たせた。第1引数はサイコロの数。第2引数はサイコロを振った後の命令を遺言 dice.after_do に残しておく。これでうまくいく。

ユーザーが「治療薬を飲む」というボタンをクリックして、 click_Healing_Potion() を呼び出したとしよう。

<INPUT TYPE="button" NAME="治療薬" VALUE="飲む" onClick="click_Healing_Potion()">

click_Healing_Potion() 関数は最後に dice.start() を実行する。dice.start() の第2引数として "use_Healing_Potion()" という遺言を残しておく。

click_Healing_Potion = function() {
    if (Pip_event[i].num <= 0) { // 所持する治療薬の数を調べる。iは別で計算している
        add_msg("治療薬はもう残っていない。");
    } else {
        add_msg("治療薬を飲む。サイコロを2個振れ。");
        dice.start(2, "use_Healing_Potion()");
    }
}

そして、dice.start() 関数は、dice.after_do に遺言の "use_Healing_Potion()" を書き留めておき、 dice.roll2dice() 関数を実行する。

dice.start = function(num, str) {
    this.rolling_state = "rolling"; // サイコロを "rolling" として
    dice.after_do = str; // 遺言を書き留める
    switch (num) {
        case 1:
            dice.roll1die(); // サイコロ1個を振る
            break;
        case 2:
            dice.roll2dice(); // サイコロ2個を振る
            break;
        case 3:
            dice.roll3dice();  // サイコロ3個を振る
            break;
    }
}

dice.roll2dice() 関数は、dice.stop() が外から実行されるまで、100ミリ秒毎にサイコロ2個を回し続ける。

dice.roll2dice = function() {
    // ユーザーがdice.stop();を押すとdice.rolling_state === "rolled"になり、止まる
    if (this.rolling_state === "rolling") { 
    
        ctx.clearRect(0, 0, 500, 210); // canvasをいったんクリア

        this.die1pip = Math.ceil(Math.random() * 6); // 左のサイコロの目
        switch (this.die1pip) {
            case 1:
                draw_pip1(150, 105); // 1の目のサイコロを描く
                break;
            case 2:
                draw_pip2(150, 105); // 2の目のサイコロを描く
                break;
            case 3:
                draw_pip3(150, 105); // 3の目のサイコロを描く
                break;
            case 4:
                draw_pip4(150, 105); // 4の目のサイコロを描く
                break;
            case 5:
                draw_pip5(150, 105); // 5の目のサイコロを描く
                break;
            case 6:
                draw_pip6(150, 105); // 6の目のサイコロを描く
                break;
        }

          this.die2pip = Math.ceil(Math.random() * 6); // 右のサイコロの目
        switch (this.die2pip) {
            case 1:
                draw_pip1(350, 105); // 1の目のサイコロを描く
                break;
            case 2:
                draw_pip2(350, 105); // 2の目のサイコロを描く
                break;
            case 3:
                draw_pip3(350, 105); // 3の目のサイコロを描く
                break;
            case 4:
                draw_pip4(350, 105); // 4の目のサイコロを描く
                break;
            case 5:
                draw_pip5(350, 105); // 5の目のサイコロを描く
                break;
            case 6:
                draw_pip6(350, 105); // 6の目のサイコロを描く
                break;
       } 

        // dice.roll_speed === 100ミリ秒後に自分自身を呼び出す
        setTimeout("dice.roll2dice()", this.roll_speed); 
    }
}
<canvas id="dice_canvas" width="500" height="210" onclick="dice.stop()" style="background: #ccffcc;"></canvas>

ユーザーが回っているサイコロをクリックすると、 dice.stop() が呼び出され、dice.rolling_state が "rolling" から "rolled" になり、dice.roll2dice() が自分自身を呼び出さなくなり、サイコロが止まる。

次に、遺言をその通りに実行する。治療薬の場合は dice.after_do が "use_Healing_Potion()" になっているので、dice.wait_time ミリ秒後に use_Healing_Potion() 関数が実行される。

dice.stop = function () {
    if (this.rolling_state === "rolling") {
        this.rolling_state = "rolled";
    }
    dice.dice12pip = dice.die1pip + dice.die2pip;
    dice.dice123pip = dice.die1pip + dice.die2pip + dice.die3pip;

    ctx.strokeRect(1, 1, 498, 208); 

    window.setTimeout(dice.after_do, dice.wait_time);
    //add_msg("dice.after_do = " + dice.after_do);

}

use_potion() 関数は、lose_event("治療薬", 1) 関数で治療薬を1個消費して、ピップの生命点 Pip.LIFE_POINT を回復させ、画面の更新関数 update_status() を実行する。

function use_potion() {
    add_msg("ピップは治療薬を使った。");
    lose_event("治療薬", 1);

    Pip.LIFE_POINT = Math.min(Pip.LIFE_POINT + dice.dice12pip, Pip.max_LIFE_POINT); // 生命点は最大値を超えない

    add_msg("ピップの生命点が" + dice.dice12pip + "点回復した。");
    update_status(); // 変数をWeb画面表示に反映

    if (combat.onCombat === true) { //戦闘中なら
        combat.Pip2enemy_turn(); // ピップから敵へ順番を渡すか調べる
    }
}

移動中の場合は処理は終わり。もし戦闘中の場合には(combat.onCombat === true)、これはピップの戦闘中の行動なので、ピップから敵へ攻撃順序を回してよいか調べる combat.Pip2enemy_turn() を呼び出す。