※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]橘朔也
[出典]仮面ライダー剣
[性別]男
[年齢]25歳
[一人称]俺
[二人称]お前、君など

サウスハービー(?オンドゥルのため聞き取り辛い…)大学卒。元々BOARDの研究員だったが 、ギャレンの適合者として見出され剣崎に先んじてプロの仮面ライダーとなる。
理性的に行動しているつもりが結局情に流されやすく結果騙されたり自爆したりする。その為、基本的にいい人なのだが、シャレにならないトラブル(下記参照)を連発するトラブルメーカーの気がある。
剣崎や栞にとってクールで頼れる先輩だったが、番組開始早々、戦いへの恐怖から、カテゴリーAとの融合係数が低くなりその弊害として体の不調を訴え怯えるヘタレと化す。
自力で何とかしようと一匹狼よろしく行動してみるものの勝手に烏丸への不信を募らせ、井坂の甘言に乗せられ、剣崎に襲い掛かったりと迷走暴走。
彼を支え続けた深沢小夜子の死を経てようやく自分を取り戻すが、再び広瀬義人(トライアルB)に騙され面倒な事態を引き起こし、「頼れる先輩」という当初の認識は完全に失墜。「打たれ弱い年上の僕らの仲間」的位置に。
責任感が強く真面目な性格ゆえか、自己嫌悪に陥りやすく頑固で思い込みが激しい。
そのため他人の意見はあまり聞き入れない。
始とは基本的に敵対関係。互いに馴れ合わずラスト近くまで封印する対象と認識していたが、最終的に剣崎や天音の彼への信頼を信じ、相打ち覚悟でギラファを封印する形で彼の真意を汲む。
が、結果的にうっかり世界滅亡の引き金を引くことに。
クールに、時に熱く戦う姿は視聴者の胸を打つが結果や過程のせいで周囲の評価は微妙。
一度ギャレンバックルを返上するが、スパイダーアンデッドに見入られ翻弄される睦月を放って置けず師として彼を導く。その時の独特の訓練法は見物。
後輩思いかと思えば剣崎や睦月と対立している時は何の躊躇もなく攻撃を加える鬼。
小夜子のジグソーパズルの最後の1ピースを「オレが飲み込んだ」と発言(勿論ジョーク)
剣崎、栞が一口食べて残した程不味いスパゲティを喜んで啜り込み2人前食べるなど、悪食が疑われている。

[性格]
真面目で責任感が強い。冷静で頭脳明晰だが情動的。
年長者や押しの強い理詰めの意見に流されやすく頑固で思い込みが激しい。
孤高を気取りつつも孤独に弱く、結局耐えられない淋しがり屋

[能力]
仮面ライダーギャレンに変身できる
元々BOARDの研究員だった為人類基盤史やライダーシステムなどには 詳しく、総じて知能は高いと思われる。
150㎞/hのスピードボールに記されている数字を読む動体視力を持つ。
不味い料理を好む(?)珍しい味覚の持ち主。
|