※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私たち、正義のために戦います



「せっ! やぁっ!」

結わえながらも尚長い後ろ髪を揺らし、木刀は次の一本を打ち込む。
ここは一応警察署の受付──だが、剣二はうっかり「剣道」と口を滑らしてばかりに(正確にはリュウケンドー)、こうしてさくらの稽古に付き合わされることになった。
いくら何でも、こんな場所・こんな状況で稽古をしなくても……と思うところだが、さくらは熱心な剣術家である。……まあ、剣二も一応そうなのだが。

「いてぇっ!」

「あっ! ごめんなさい! つい力が入りいすぎちゃって」

勿論、さくらと一緒に稽古をするということは、剣二も棒を使って剣の技を見せている。
マシンガンの弾丸さえ斬りつくすほどのさくらと、まだまだ未熟な剣二では力に大きな差がある。確かに剣二は魔物を圧倒するだけの剣の腕を持っているが、交代で打ったり、受けたりを繰り返しているのだが、まだ剣二がさくらを相手に一本でも打てた試しはなかった。
というより、打ったらただではすまない気もする。さくらが使うのは木刀だが、剣二が使っているのは鉄パイプだ。しかし、剣二が本気で打ってもおそらく敵わない相手……どうしようもない。
さくらも、剣二に当てたのは今の一発が初めて。他は全て寸前で止められていたが、いくら何でも強すぎる。

「……鳴神龍神流。なかなか良い剣ですね」

「そうか? 俺結局やられっぱなしだよ……」

頭を抑えながら、二人は地面に座る。さくらの方を見ると、本当に海によく似ているのがわかった。
……いや、強さはその姉弟子以上。剣術の鬼さえ越える……剣術の閻魔大王だ。
だいたい、袴姿のままとは随分と変わっている。せめてこの服装は変えてほしい──。
これが海との最大の共通点で、なおかつ暑苦しすぎる。この鍛錬で互いに相当な汗をかいているのだが、こんな凄い着物を脱ごうともしない。
いや、脱いだら裸になってしまうのか……。

「それ、人を護るための剣術ですね。──私にはわかります」

「……ああ、そうだな。これは人を護るための剣だ」

「そうですよね、鳴神さんは警官ですから」

普段は警察、実はSHOTのリュウケンドー……それが鳴神剣二だ。
その「普段」の方の姿を教えなければならない。
逆に、真宮寺さくらも普段は役者、実は帝国華撃団。
役者としての姿を剣二に教えている……まあ、これはいずれも当然のことなのだが。

「さあ、こんなところで休んではいらんねえ。さっさと人を護りにいくか!」

剣二も褒められてやる気を出したのか、左手のパーに右手のグーをぶつけた。
元々、感情の起伏が激しく、わかりやすい性格でもある。そんな剣二の様子を、さくらもまた微笑ましそうに見ていた。弟子でもできた気分のようらしい。
正義のために戦う戦士が二人、今になってようやくこの場所を出ようとしていた。

【1日目 黎明/E-6 あけぼの署】

【真宮寺さくら@サクラ大戦】
【状態】疲労(中)
【装備】木刀@現実
【道具】基本支給品一式、救急箱@現実、ランダム支給品0~1
【思考・状況】
基本行動方針:打倒主催者。
1:人々を護る。
2:大神さんを捜す。
3:鳴神さんと行動する。
4:帝国華撃団、鳴神さんの仲間を捜す。
※不動銃四郎、ジャークムーンについて知りました。
※鳴神龍神流の構えや戦い方について把握しました。

【鳴神剣二@魔弾戦記リュウケンドー】
【状態】オデコが痛い(絆創膏つき)、頭が痛い、疲労(大)
【装備】ゲキリュウケン&リュウケンキー@魔弾戦記リュウケンドー、鉄パイプ@現実
【道具】基本支給品一式、ランダム支給品0~1
【思考・状況】
基本行動方針:打倒主催者。
1:人々を護る。
2:不動のおっさんを捜す。
3:さくらには苦手意識があるが、一緒に行動する。
4:大神という人物を捜す。
※本編序盤からの参戦です。白波やブラッディを知りません。
※さくらを西園寺海と重ねています。
※サクラ大戦のキャラについて知りました。

064:Near the Boa constrictor 投下順 066:闇のゲーマー
064:Near the Boa constrictor 時系列順 066:闇のゲーマー
011:鳴神さんより大神さん 真宮寺さくら
011:鳴神さんより大神さん 鳴神剣二
|