世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルンティエ
バルンティエはもともと旅館として使われていた
クーロンが自分探しの旅をしている時にバルンティエ亭についた
疲れが溜まっていたクーロンが酒場で店主に会い、店主が
「旅のお方ですか?」と言いクーロンは「あぁ…自分探しをね…」
そこで店主は「あなたはもっと似合いそうなやり方がありそうなんですがねぇ、まぁあなた次第ですね」
そこでクーロンはここでギルドを立ち上げようと決めた
その翌日から店主と話が成立し今のバルンティエがある
ギルドのメンバーだけで無く、一階には酒場があるので王国の住民、旅の人などが入れるようにもしている
二階にはギルドメンバーの部屋がある

メオ王国
ユグレラ大陸の最も東に位置する。そこから海を渡るとジルドア王国に行き着く
フィーネ王女、ピリテ王が作った王国
ユグレラ大陸全体では別名「天国の国」とも言われている
ギルドが多く所在するが名を立てているのがやはりバルンティエ