※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ore Extraction

Gathering(集積)スキルに属するMining(採掘)によって得られたPile(原石)ですが
このままでは正直言って売り物にはなりません。

何故なら、Venderはエスパーでは無いので
ただの石ころに何が含まれているかなど到底分かるはずもありません。

そこで、売り物 或いは生産物の素材に使うために原石をExtractionで加工し
適切な素材へと置換する必要があります。

Extractionによって得られるアイテムに関しては、お手数ですが金属をご覧になってください。


使用スキル

赤=Primary 緑=Secondary


Extraction
  ┗ Basic Ore Extraction
    ┗ Intermediate Ore Extraction
      ┗ Advanced Ore Extraction

Crafting Appliances
  ┣ Ore Extraction Appliances
  ┃ ┣ Thermal Appliances
  ┃ ┃ ┣ Kiln Operation
  ┃ ┃ ┣ Hearth Expertise
  ┃ ┃ ┣ Furnace Operation
  ┃ ┃ ┃ ┗ Blast Furnace Operation
  ┃ ┃ ┗ Furnace Construction
  ┃ ┣ Hydraulic Appliances
  ┃ ┃ ┗ Natorus Operation
  ┃ ┃   ┗ Greater Natorus Operation
  ┃ ┣ Comminutors
  ┃ ┃ ┣ Comminutor Construction
  ┃ ┃ ┣ Grinder Operation
  ┃ ┃ ┗ Crusher Operation
  ┃ ┗ Mechanical Appliances
  ┃   ┣ Attractor Operation
  ┃   ┣ Press Operation
  ┃   ┗ Grizzly Operation
  ┗ Alchemy Contraptions
    ┣ Fabricula Expertise
    ┃ ┗ Thaumator Operation
    ┗ Fabricula Construction

Material Lore
  ┣ Metallurgy
  ┃ ┣ Precious Metals
  ┃ ┃ ┣ Gold Lore
  ┃ ┃ ┣ Silver Lore
  ┃ ┃ ┗ Skadite Lore
  ┃ ┣ Advanced Metals
  ┃ ┃ ┣ Master Alloys
  ┃ ┃ ┃ ┣ Cronite Lore
  ┃ ┃ ┃ ┗ Oghmium Lore
  ┃ ┃ ┣ Ichor Lore
  ┃ ┃ ┣ Arcronite Lore
  ┃ ┃ ┣ Gem Metal Lore
  ┃ ┃ ┗ Lupium Lore
  ┃ ┣ Basic Metals
  ┃ ┃ ┣ Cuprum Lore
  ┃ ┃ ┣ Aabam Lore
  ┃ ┃ ┣ Pig Iron Lore
  ┃ ┃ ┣ Bleck Lore
  ┃ ┃ ┗ Almine Lore
  ┃ ┗ Cuprum-based Alloys
  ┃   ┗ Electrum Lore
  ┗ Petrology
    ┣ Igneous Rock
    ┃ ┣ Amarantum Lore
    ┃ ┣ Tephra Lore
    ┃ ┣ Pyroxene Lore
    ┃ ┣ Galbinum Lore
    ┃ ┣ Gabore Lore
    ┃ ┣ Maalite Lore
    ┃ ┣ Magmum Lore
    ┃ ┣ Volcanic Ash Lore
    ┃ ┗ Granum Lore
    ┣ Mineralogy
    ┃ ┣ Calspar Lore
    ┃ ┣ Nyx Lore
    ┃ ┣ Pyrite Lore
    ┃ ┣ Red Bleckblende Lore
    ┃ ┣ Blood Ore Lore
    ┃ ┣ Coke Lore
    ┃ ┣ Jadeite Lore
    ┃ ┣ Bleckblende Lore
    ┃ ┗ Malachite Lore
    ┣ Alchemical Mineralogy
    ┃ ┣ Pyropite Lore
    ┃ ┣ Sulfur Lore
    ┃ ┣ Chalk Glance Lore
    ┃ ┣ Calamine Lore
    ┃ ┣ Cinnabar Lore
    ┃ ┣ Sanguinite Lore
    ┃ ┣ Waterstone Lore
    ┃ ┗ Kyanite Lore
    ┗ Sedimentary Rock
      ┣ Calx Lore
      ┣ Coal Lore
      ┣ Flakestone Lore
      ┗ Saburra Lore

使用Workbench

名前  Attractor
画像
名前  Blast Furnace
画像
名前  Crusher
画像
名前  Fabricula
画像
名前  Furnace
画像
名前  Greater Natorus
画像
名前  Grinder
画像
名前  Grizzly
画像
名前  Hearth
画像
名前  Herbologium
画像
名前  Kiln
画像
名前  Natorus
画像

やり方

採掘されたばかりのPile(原石)は、上記のWorkbenchを使用して加工を行いますが
扱うためにはExtractionとCrafting Appliancesというスキルが必要になります。

まだ2スキルを習得していない様であれば
Tour:ExtracterというNPCが各町のどこかにある
小さな風車の麓に居ますので、彼らから無料で習得する事が出来ます。

加工手順

まず、各町にあるOre関連のWorkbenchを探してみてください。

今回は、全ての町に備え付けられているWorkbenchの中で
原石を加工する事で序盤の金策が出来るGrinderを例に挙げたいと思います。
(見た目は上記の 使用Workbench の通りです)


見つけたら、画面中央に作業台を合わせるようにしてExtractionを使えば
Workbenchの欄が Grinder となります。

ここまで完了したら、いよいよ加工開始です。

今度は、Miningで集めた原石をExtraction画面の Item to extractに入れ
Process ボタンを押して頂ければログに「~秒お待ちください」と出ますので
完了するまで待ちます。

その場から立ち去っても、Butcherと違いカウントがそのまま進んでいますが
完了時にその場に居ないと、原石から加工されたアイテムは
Workbench周辺にLoot化してしまう為、他の人に盗まれる危険があります。

今回の説明では、GrinderというPowder(粉末)の産出効率が良い
Workbenchを例に挙げましたが、JedaiteやNyxなどの宝石類を
高能率で産出するWorkbench等もあります。

他にも、上記の原石加工の際には触れなかった Catalyst to use の欄に
特殊な触媒を入れる事で、産出量が倍近くになる物もありますので
下記のシュミレート欄を参考に、該当ツールを使い試してみてください。

シミュレート

鉱石をExtractionする際には、Workbenchや触媒を適切に使わないと
加工によって得られる量が大幅に変わって来ます。

そこで、今項目では Extract Emulator と呼ばれるツールを使って
事前にそれらの産出量を調べるやり方をザックリとご説明したいと思います。

{注:使用ブラウザがInternet Explorerの場合起動できないので
   利用する際は他のブラウザを使うようにしてください}

まず、Extract Emulatorを開きEmulatorボタンをクリックしてください。

次に、ゲーム内の画面上部に表示されているインターフェイスと酷似した画面が
表示されると思いますので、スロット欄の一番右端の QP というボタンを
クリックしてみてください。

すると、上の様な画像が出てくるはずです。

この時下に表示されている表が、Amarantum と呼ばれる鉱石から産出される
素材の名前と、どのWorkbenchと触媒を使えば該当の素材がより多く
産出されるかを記した表となっています。

上の欄の説明をさせて頂きますと
  ①Amarantum と表示されている選択可能な欄は各Extraction可能な鉱石
  ②Attractor と表示されている選択可能な欄は使用するWorkbench
  ③None と表示されている選択可能な欄は使用する触媒

①を変更すると、産出される素材も変わる為表が変化します。
②と③は下の表に基づいて産出される量を計算する際に利用します。

例えば、Amarantumを加工してCaprumを多く産出させたい場合は下記の通り

①⇒Amarantum ②⇒Furnace ③⇒Bor

結果は、赤丸で囲った部分に表示されます。
  Catalyst Amount Needed : ←触媒の必要量、それ以上入れても効果なし
  Souce Used : ←使った原石の量、()内は能率によるロス
  Gains : ←得られる素材の量

上記の例の場合
  Catalyst Amount Needed : Borが720個必要
  Source Used : 8000個中(2000個ロスが発生)
  Gains : Bleck(960個)Calamine(563個)Cuprum(2400個)Electrum(480個)獲得
といった具合になります。

ここで表示される獲得量は、関連スキルすべてMAXの場合の数値なので
その点注意するようにしてください。

チャート

  • Cuprum
  • Steel
  • TungSteel1
  • TungSteel2
  • Bron




名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|