麻雀いっぱつ読本

麻雀いっぱつ読本(マンガ版「麻雀やろうぜ!」)


 編者    別冊宝島編集部?  
 作画   下記参照 
掲載誌  書き下ろし 
話数 全37話(漫画のみ)

あらすじ

マンガでわかる!
手役入門から禁断のイカサマ技まで一挙紹介!!
アナタはもっと強くなれる!!
麻雀で勝てるようになりたい! これは麻雀を打つ人であれば誰しもが考えること。しかし、ただ麻雀を打っているだけでは、決して強くはなれません。研究することこそ、麻雀上達の近道なのです! 本書では気鋭のマンガ家15人による全37手役を詳しく解説。また天和ツバメ返しや、元禄積みなどのイカサマ技を完全網羅。そして、天才雀士・小島武夫が語る「魅せて勝つ麻雀」とは――。麻雀好きにはたまらないコンテンツが満載。(宝島SUGOI文庫版書籍詳細ページより)

執筆者一覧(「マンガでわかる!手役入門」執筆者のみ、五十音順)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付 Amazon
別冊宝島309 宝島社 B6 全1巻 1997年初版 麻雀いっぱつ読本―マンガでわかる!手役入門から禁断のイカサマ技まで (別冊宝島 (309))
宝島社文庫 宝島社 文庫判 全1巻 2000年4月8日初版 マンガ版「麻雀やろうぜ!」 (宝島社文庫)
宝島SUGOI文庫 宝島社 文庫判 全1巻 2008年初版 麻雀いっぱつ読本 (宝島SUGOI文庫 B へ 1-10)

備考

  • 15人の漫画家が全37手役を解説したレクチャー漫画「マンガでわかる!手役入門」+文章による実録ルポで構成される。実録ルポにはインタビューイとして片山まさゆき馬場裕一小島武夫などが登場。
  • 宝島社文庫版では『マンガ版「麻雀やろうぜ!」』と改題、宝島SUGOI文庫版では『麻雀いっぱつ読本 文庫版』と再改題された。