麻雀鳳凰城

麻雀鳳凰城


 原作    志村裕次  
 作画    みやぞえ郁雄  
掲載誌 漫画タウン84年ごろ連載
話数 全13話

あらすじ

西暦二◯××年、突如勃発した核戦争後、世界は血と暴力に支配される闇の荒野と化した。その頂点に君臨する力の象徴――鳳凰城。そこにたどりついた者は、無双の力を得るという――。大門寺タケル、矢動丸拓磨、神宮ヒカリの三人は不思議な運命に導かれ、挑戦者の証し・鳳凰の刻印を手に、鳳凰城へと旅立つ。しかし最後の地にたどりつくには十二の関門に待ち受ける麻雀勝負に勝たねばならない。負ければ死あるのみ、非情の荒野では生き残ることだけが正義! そして今、前に立ちふさがる"城"の正体が明らかに!!(2巻あらすじページより)
闇の麻雀界を司るという城――鳳凰城。そこにたどりついた者は無双の力を得るという。北天の彼方から星が流れた時、三人の若者が城を目指し旅立った!!(1巻表2より)
挑戦者の証し・鳳凰の刻印を手に、十二の関門を越えていく三匹の凶獣。往く手は血の道、振り返れば死――砂塵舞う暴力の荒野に、野獣の咆哮が響く――!!(2巻表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
グリーンアローコミックス グリーンアロー出版社 新書 全2巻(飛翔編・魔王篇) 1・2巻ともに1986年4月15日 麻雀鳳凰城 [マーケットプレイス コミックセット]