代打ちたちの晩夏

代打ちたちの晩夏


 原作    土井泰昭  
 作画    嶺岸信明  
掲載誌 近代麻雀08年5月15日号・6月1日号 近代麻雀オリジナル08年7月~09年4月号連載
話数 全11話

あらすじ

1990年バブル絶頂期――――。
好景気に浮かれて街中にあぶく銭が飛び交い、ヤクザのみならず一般人も高レート麻雀に進出するようになると、腕に自信のない者から代打ちたちに依頼が殺到し、彼らにとってまさに盛夏とも言うべき時期を迎えていた。
しかし1991年に差し掛かるとまもなくバブルが崩壊。株価は下落し地価も暴落。その煽りを受けて高レートの場は立たなくなり、代打ちたちは急速に活躍の場を失っていった。
熱を失った高レートのマンション麻雀では、代打ちたちの過酷な生存競争が繰り返され、半端な麻雀打ちは次々と淘汰されていく。そして生き残ったトップレベルの代打ちたちにより、最後の死闘が幕を開けようとしていた……。(登場人物紹介ページより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全1巻 2009年6月24日初版 代打ちたちの晩夏 (近代麻雀コミックス)
バンブーコミックス 竹書房 B6 全1巻 2012年2月10日初版 灼熱の麻雀 (バンブー・コミックス)

備考

  • 雑誌掲載時のタイトルは「勝負師の条件III 代打ちたちの晩夏」であったように、『勝負師の条件』の続編に当たる。
  • 単行本巻末に、土井監修によるコラム「捨て牌読み講座[必勝六カ条]」を収録。
  • バンブーコミックス版は『灼熱の麻雀』と改題し、『勝負師の条件』も部分収録。