雀鬼狼

雀鬼狼(じゃんきろう)


 原作    梶川良  
 作画    和平俊秀?  
掲載誌 トップコミック?77年ごろ連載
話数 全17話

あらすじ

プロ雀士の兄が死んだ。五無斎と名乗る雀鬼が兄のイカサマワザを見破ったのである。緒形は兄の復しゅうを誓い、職を投げうって雀ゴロの修行をつむ。兄を死に追いやった五無斎を打ち破るために、緒形は己れの力のすべてを賭けた。そしてついに、五無斎との対戦の時が来た。(1巻表2より)
宿敵・五無斎との闘いに敗れ、緒形は再び麻雀修行の旅に出た。宿なしのバクチ打ちに身を落し、薬の力にたよらねば生きられぬようになった緒形だったが、それでも五無斎への復讐の執念は、いささかも揺らがなかった。兄を滅した五無斎との2度目の対決に、緒形は己れの生命の全べてを賭けるのであった。(2巻表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付
TOEN COMICS 桃園書房 B6 全2巻(鬼哭篇・孤狼篇) 1巻・1977年12月1日初版 2巻・1978年2月1日初版

備考

  • 80年にオールコミック(芳文社)から出た総集編では、「じゃんきおおかみ」とルビがあり、作画は和海太郎名義。