麻雀番外地

麻雀番外地

 作画    北山茂樹  
掲載誌 ギャンブル劇画?など
話数 全7話

あらすじ

イカサマ麻雀に敗れて死を選んだ兄の仇をうつために、竜太郎は職を捨てた。顔を整形し、名前もかえてプロ雀士の修行を積み、亡き兄のたった一つの遺品、パイパンを握って仇をさがし歩いたのである。ところが、めざす仇とは、稀代の雀豪と噂される男だった。竜太郎の秘技「磁石返し」はこの男に通用するのか――雀豪との対決の日は来た。(表2より)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付
TOEN COMICS 桃園書房 B6 全1巻 1977年10月1日初版

備考

表2にあらすじが書かれている「磁石返し鬼面竜」(『ギャンブル劇画』77年5月号掲載、原作・高原弘吉?)をはじめ、「紅い四喜牌」「海底にいた女」「雀鬼裏街道」「ヒモ勝負」「万札仁義」「金満処女」を収録した短編集。


添付ファイル