魔刀の完成者『ナナクサ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

EXカード『見えざる道』に収録された月公国の呪われた剣士に非常に酷似したユニット。
高ATはランダムだが、ベーシックなファイル構成ではユニットカードが多く採用されるため、発動確率は悪くない。(墓場の使用人『コーネリア』と同じことが言える)
修正によりHPが40へと引き上げられたが、アタック時の条件付きAT×2効果がAT+50へと変更された。


月公国の呪われた剣士同様、強みはオールカラーAT80を狙える点。
魔歌援護と組み合わせてAGI4打点100を狙うのが使いやすい。

呪われた剣士は確実にAT80出せるのだが、手札がランダムで1枚なくなってしまう。
半面ナナクサは手札を減らさずに済みかなり扱いやすいが、修正により優勢時の火力が引き下げられた。


呪われた剣士、ナナクサ、自分の性格に合う方を選べば良い。強いて言うなら、キーカードやキーとなるコンボが組み込まれたファイルには、呪われた剣士よりナナクサの方が、特定のカードを捨てなくて済むため向いている。

地味に相手へのファイルアウト能力もあるので【フィフティ・フィフティ】への採用も検討できる。

また、カードタイプ:東方であり、東方の戦巫女『狭霧』と相性がよいため、【東方】でも採用候補にあがる。
こちらは一閃の剣豪『雷光』との比較になるだろう。
レベルが1低い点、当たればファイルアウトできる点、EXなので引きやすい点ではナナクサに、
HPが高い点、確実に発動できる点では雷光に軍配が上がる、という関係になっている。
確実性で雷光が好まれる傾向にあるが、いかんせん相手は★5なので、ナナクサにもチャンスはあるといえるだろう。


コンボor必殺コンボ

確かに先攻かつオールカラー打点120は魅力であり強力なコンボであることは間違いないが、確実に成功するわけではない点やHP30を加味すると、月公国の呪われた剣士の劣化コンボと言わざるを得ない。


カード背景



関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

EXカード『見えざる道