花園の女王『ナターシャ』


能力


解説

レベル5だが、自身のスキルでSPを増やすため見た目以上に軽い。
山札に花女がいればパンプアップとSPバックを行い、勝利時にもSPが増える。
アタックスキルが発動すればHP120AT40AGI1、1ドロー付、と高い能力を得る。
アタックスキルが発動して勝利すれば、カードドロー分も含めてリソースが3戻る計算になる。
HPが高いのでアタックスキルが2回発動する可能性も十分にある。
低GSP時ならその爆発力の高さでほぼ勝てるだろう。
修正によりアタック時のSPバックが大幅に減ったが、相手がノーセットでもSP1は戻るようになった。

ただし、アタックスキルなので発動しないケースも考慮しておきたい。
また、花女が山札にいることが条件なので事故要因にもなってしまう。

まさにハイリスクハイリターンの言葉が似合うカードである。


花女を山札に戻し花園の女王『ナターシャ』を複数回使用したい場合、手札事故を避けるために
「山札の一番下にカードを戻す」スキルを利用することが望ましい。
叡智の毒茸『アニエス』により手札の花女を活用/再利用しやすくなったので、一緒に採用するといいだろう。

後攻が付いていないため、聖域の騎士『サージス』が相手の場合先にアタック発動を行える。
その場合、リソース差2でサージスと引き分けることになる。
サポートにLV1カードを置いたとしてもリソース差なしで引き分け。


コンボor必殺コンボ

手札コストを要求するカード。
持ってきた花女をコストに指定すれば、躊躇無く使うことが出来る上に無駄が無い。

セメタリーの花女を回収することが出来る。

敗北時限定だが、手札にだぶついた花女を山札の下に戻すことができる。

戻すカードはランダムだが、墓地のユニットカードを山札の一番下に戻すことができるカード。
序盤の墓地が少ない時に使用すれば花女を山札に戻しやすい。
HP+20するため、花園の女王『ナターシャ』との相性もよい。


カード背景

ラヴァートにある巨大な森『秘密の花園』の主。モンスターでありながら高い知能を持ち、魔術すら使いこなす。
迷い込んだ人間を食しているため、詳しいことは不明なんだとか……。


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

◦EXカード『エイトヒーローズ