医術研究生『ニコル』


能力


解説

EXカード『闇の遺産』に収録さえれた、LP回復効果のあるユニット。


局面に対しさまざまな使い方ができるカード。
LV1であるためデコイとしてつかえ、HP40援護をもつ。
さらに山札12枚以下ならばLP回復の能力を持ち、流浪の神官『ラステ』として立ち振る舞うことも、難攻不落として立ち振る舞うこともできる。
対応力の高いカードだといえる。

山札消費が激しいファイルでは腐ることが少ないだろう。
延命系のカードで複数積しても腐りづらいというのは大きな魅力である。

反面各々の使い道ではもう少し実力が欲しいかたちになっている。
デコイとしてつかうならば、追加効果が欲しく、
ラステとしてつかうのならば、山札12枚以下という条件は厳しく、
難攻不落として使う場合は、能力フル発動分のコストを必ずとられる。

これらのデメリットを考慮してつかわなくてはならない。


あと注意点として、妖精族の治癒術士同様、自身がLV1である為、罰の穴等で妨害される事もあり、聖域の騎士『サージス』デスブリンガー・エンジェルでそもそも無効化されることもある。

  • 医術研究生『ニコル』修正前から強化された点としてニコル単体でもLP回復をおこなうことができる。SP量が合計8もつかうため、サポートよりも単体で使うほうが機会は多いだろう。
  • 「良く言えば万能なカードだが、悪く言えば器用貧乏」という言葉が非常に似合うカード


コンボor必殺コンボ



カード背景




関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

EXカード『闇の遺産