木の精霊


能力


解説

援護発動で[HP+60]できるが、後攻能力も付与してしまうLV2ユニット。
耐久型のユニットにつける場合攻撃されることが前提になるため、後攻付与自体はあまり気にならない。
しかし同じLV2のカードにはHP+60するグリモアカード石の牙聖域の鍵などがあり、
グリモアメタで打ち消されない点を除けば、追加効果のある石の牙などの方が優先されやすい。
援護倍ユニットにつけれる利点もあるが、こちらも人魚族の盾兵女神官格闘家に活躍の場を奪われがちである。
終末を呼ぶ獣『ベヘモス』などのカウンター発動を確実に使いたい場合などにはあるいは。

勝利エリアにあれば相手に後攻能力を与えられる。
木精霊の剣士を使えば勝利エリアに直置きでき、神槍『エストマ』閃光の牙『サルース』などに有利である。
木精霊の剣士はバトル終了後に墓地の木の精霊を回収できるためコストパフォーマンスもよい。
ただ、ゴウエンにはエリア破壊を行う妖精騎士『トルテ』火炎閃光の魔法使いがいるため、やや信頼性は悪い。


コンボor必殺コンボ



カード背景


関連ファイル


関連カード



関連用語



収録