博愛の憤鎚『ロディタ』


能力


解説

戦黒四花に収録されたリフェスのLV3後攻ユニット。
素出し時にSP1消費でHP+20、AT+10と、山札のカーバンクルをランダムでサポートに付けることができる。(オープンスキルは発動しない)
また、勝利時に自分のサポートのユニットを手札に回収できる。

素出しなら90-30-1の後攻とLV4ユニットより少し低いくらいだが、HP+60援護のカーバンクルを引いてこれれば150-30-1と高いステータスになる。
AT援護だと90-50-1が限界。
火力が低いうえサポートで補いにくいため、非優勢はおろか優勢でも高HP相手が苦手だが、HP150ならばまず1回は耐えられるので、運ゲーに持ち込める相手はそれなりに多い。
勝敗エリアにHP+20以上のユニットを置いておき、110-50-1等のステータスを狙うというのもあり。

カーバンクルのユニットは種族枚数を参照するスキル持ちがかなり多いが、カーバンクルを多く入れると引っ張ってくる援護能力が安定しなくなる。
そのため、HP+60援護以外は援護発動持ちのカーバンクルを入れないなど、構築に工夫が必要になる。

構築の不自由さに比べてステータス心もとないが、勝敗エリアをうまく活用できればその性能は高く、【カーバンクル】ファイルに不足しがちなドロー能力も多少補うことのできるユニット。


コンボor必殺コンボ




カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード

同じくサポートをランダムセットできるユニット。
サポートの種族を選ばない分、カーバンクル以外の援護能力持ちの投入もある程度制限する必要がある。
また、ドロー能力もない。


関連用語




収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに