月公国の発火兵士


能力


解説

オープン時に50点のバーンを行う、シンプルながら強力なスキルを持つLV3ユニット。
ただし、その際に自分の手札をランダムに墓地に送るという手痛いデメリットスキルも発動する。
月公国の呪われた剣士バーン版といえる。

条件なしの50点のバーンはコストからみれば最高クラス。
しかし比較的緩い条件やデメリットで40点のバーンが発動する投擲する巨大豚などや、ATが低い代わりに60点のバーンが発動する雷の使い『ルビア』などがいるため、デメリットに見合う能力かは疑問が残る。
しかし非優勢80点、優勢110点とトータルの火力も十分あるため、一概に劣化ユニットともいえない。

また、サポートでも使用できるのは小さからぬ強み。
援護発動でAT+10も付くとはいえ炎の竜巻などのほぼ劣化だが、優勢問わずで60点以上の火力追加が見込めるのは決して弱くはない。

バーンに弱いファイルへのメタとして入れておき、ここぞというときに使うのに適しているだろう。
火力が高いため低HPだけでなく鈍足高HP相手でも有効に働ける。
デメリットを軽減できるような、カードドロー手段が豊富なファイルや特定のキーカードに依存しないファイルならば採用を検討する余地はある。


コンボor必殺コンボ


カード背景


関連ファイル


関連カード



関連用語


収録