暗黒の雷『アポスティト』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

手札に神族ローティアのカードが3枚以上存在すれば60点バーン。そしてSP1のロックを行う。
手札に神族ファルカウのカードが存在すれば、山札から1枚のドロー加速を行う。

バーンとドローの双方を内蔵した、実に魔術師らしいカードである。
しかしながら純正【魔術師】では神族ローティアのカードは採用しにくい為、手札に黒の濃くなる黒単ファイルへの採用が主になるだろう。

サポートなしで、低~中getSP時でとりあえずポンと出せば相手にHP援護がない場合、大概、勝ちか引き分けに持っていける終末皇帝エクサートと並ぶ黒単専用の準壊れカード。

例え、負けたとしてもオープンで相手SP-1、自分1ドロー、そしてこのカードの60点バーン+4速20点atの80点ダメに勝てるカードを相手は出している訳なので、基本、最低でもレベル4以上単出しか、レベル2~3のカードにレベル1援護をつけた状態を相手に要求できる。そのためこのカードが負けた場合、相手の消費sp4以上+このカードのオープンでの相手sp-1で、このカードが負けた場合、大概その低~中getSP時に相手にspを5以上消費させている事になる。

その点がこのカードの真骨頂であり、勝てばよし、負けてもよしな為、spロックを始めとする黒単ファイルのキーカードの1つになりうるであろう。

ちなみに、低getSP時の優勢ローティアはレベル5の夜を歩く者ルザが来にくい為、獣仮病全般、先攻持ち、不死霊体とお互いサポートなしの場合、ほぼ全ての低レベル黒ユニットに確定勝ちが望める事もこのカードの評価を上げている。

このカードに治療呪文をつけて延命すると、援護なしのアグニがきた場合は確定勝ちができ、延命しながら相手のspをロックしつつ、1ドローしながらそこそこ勝てる為、割と相性が良い。


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに