紅蓮妖精『エリカ』


能力


解説

サポートエリアに[カードタイプ:妖精族]のカードを配置すればSP1を追加で支払い50点のバーンを発動させる。
ATが上昇し、相手がLV4以上ならハンデスを行う妖精族の暗殺者あたりがサポートして相性がよい。

援護可で自身が妖精族であるため、サポートエリアで使用すればバーンは発生する。
その場合コストパフォーマンスはグリモアの炎の竜巻より悪いが、ユニットであるため比較的不発させられにくい。

何気にカードタイプが魔法剣士なので、獄炎『デスラスタ』のスキル条件を満たすのに使うことができる。
獄炎『デスラスタ』のサポートで使えば100点のバーンが発生し、呪縛神速などがサポートについたHP60以上のユニットを倒せる可能性が発生する。
相手が魔獣兵『オートス』で墓地枚数0枚にされてもバーンで80点のダメージを与えることが出きるため、相手が援護でHPを上げていなければ倒すことが出来る。
同様な使い方が出来るカードには他に暴走娘と寡黙な剣が挙げられる。


修正によりHP/AGIが減少し、SPコストが追加されたもののバーン性能が向上した。
[カードタイプ:妖精族]には珍しい、バーンスキルを持つ。修正によりバーンデザインがより特化されたのだろう。
LV3基準ステータスであるHP50をきっちりと焼き殺せる為、戦闘面での不安が改善された。


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに