鬼道の姫巫女『ヒルメ』


能力


解説

アタック発動にて手札からカードを勝利エリアに配置し、配置カードに応じてダメージを与えるシステムユニット。
修正によって配置カードを選択可能となり、またスキル効果も底上げされギャンブルカードからデザインが変更された。
ユニット配置で配置ユニットAT×2ダメージ。グリモア配置でHP-70+1枚のドロー加速は優秀である。

修正によりHPが40へと上昇したがAGIが3へと引き下げられた。アタック発動を狙うならば何らかのAGI援護が望ましい。
カードタイプが師匠級魔術師と恵まれている為、種族グリモアサポートの使用も面白い。
手札コストがかかるものの【魔術師】であれば手札にグリモアが濃い構築となる為、無理なく採用できるだろう。

高打点を望むならばユニット配置を目指す事となるが、そちらは専用ファイルの構築が望ましい。
奈落の欠片『ザルグール』失敗兵『ナレヴィーズ』EXを配置すれば、最低200打点が望める。
敗北エリアにLV6グリモアを配置した書庫の聖騎士『ネレイス』がHP190なので、現環境ではオーバーキルとも言えないだろう。
相手がプロテクトであってもダメージを与えられる点も良い。

手札が0枚であればスキル効果を踏み倒し出来る事は覚えておこう。
前ターンに大型ユニットで勝利後、追撃を狙える。


魅惑の姫巫女『ヒルメ』の指定サーチの対象である。構築の際にはそちらも考慮したい。

コンボor必殺コンボ




カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに