南蛮族の長弓兵


能力


解説

オールカラーとして使ってよし、援護に使ってよしの[カードタイプ:南蛮族]のカード。
強力な勝利エリア・敗北エリアスキルも持つ。

自軍勝利エリア・敗北エリアに[カードタイプ:南蛮族]のカードがある場合、30点のバーンを行う。
自身のATが20あるため非優勢で打点50に届き、AGIも4と早いためオールカラーとして理想的である。
スキル発動に1SP必要だが、手札が1枚増えるためアド損にはならない。
次のターン[カードタイプ:南蛮族]のユニットを出せばエリア発動で2SP戻ってくるので、それを計算に入れれば実質消費SPは2SPである。
何かとSPが必要な【南蛮族】では、低GSP時の繋ぎ役として重宝する。

極めて限定的な状況ではあるが、自軍勝利エリア・敗北エリア双方に[カードタイプ:南蛮族]のカードがある場合60点バーンと2枚のドローが発動する。


勝利エリア・敗北エリアスキルは、バトルエリアのカードが[カードタイプ:南蛮族]の場合、30点のバーンが発生し、先に述べたようにSPが2SP増える。
エリアによるバーンは、相手の先攻ユニットを牽制することができる。
また、バトルエリアに南蛮族の長弓兵を出せばバーンだけで60ダメージを与えることができる。

援護に使うこともでき、HP+40、AGI+1のユニット強化を行う。
前のターンに[カードタイプ:南蛮族]のカードを出していれば30点のバーンも発生するため打点強化にも役に立つ。
先攻ユニットに付けても、AGI3のユニットにつけても、若干SP消費はかさむがHP100のユニットにつけても効果が期待できる、
オールマイティに使える便利な援護である。

何かと便利なカードで、出す場面に困り手札で腐るという状況がほとんどなく、逆に手札で温存すべきか場に出すべきかで悩むことが多々ある。


オールカラーで使うことができ、エリアでバーンを行うカードには、傭兵王国の魔法使い強襲の弓兵などが挙げられる。


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに