【聖なる盾】


解説


ユニットのHPを自分のSP×10増やすグリモア、聖なる盾を利用したファイル。
自分のHPを参照して攻撃を行う弾丸甲虫との相性がよい。
また、ファイルの性質上太陽王国の魔法兵を採用しやすい。

序盤はSPブーストカードやSPバックを持つユニットを駆使してSPを貯め、
SP18程度確保してから本格的な攻撃に転じる。
SPを貯めるまで手間がかかるが、一度SPがたまってしまえば少ないSP消費でユニットを場に出せるのが強み。
最終的にLP2削りカード、奈落の馬騎士『ディカール』へとつなげるのが勝ち筋。


パーツ

このファイルの中心になるコンセプトカード。
自分のSPを参照してHPを強化する。
弾丸甲虫につける以外にも、練達の魔術師などSPバック付きLV3ユニットにつけても強力。


聖なる盾といえば弾丸甲虫、弾丸甲虫といえば聖なる盾」といっても良いほど聖なる盾と相性のよいカード。
自身のHPと同じダメージを相手に与えるアタック発動を持つ。
SP18あればHP160以下の相手を倒すことができる。
SP22を越えればHP200の大台に乗り、相手の先攻ユニットの攻撃を耐えて反撃で倒す、という芸当をやりやすくなる。

聖なる盾が無力化されるサポートメタの他、優勢ローティア時には夜歩く者『ルザ』に無力化される。
3積みにするより2積みにして、ここぞというときに場に出すほうがファイルが回りやすい。

弾丸甲虫同様HPを攻撃力に変換して攻撃するカード。
LV5なのでSP消費が重く、終盤にならないと使いにくい。
採用する利点として、聖域の騎士『サージス』を倒せる点が挙げられる。

サポートエリアにカードがある場合、自分のSP×5のダメージを相手に与えるカード。
サポートにLV1のカードを置く場合、SP18あればバーンのダメージが70になり、七代目当主『アリアドネー』など
LV5ユニットを倒すダメージを出すことができる。
サポートに置くカードとして掌握の雷火の精霊を採用すればバーンのダメージを底上げでき扱いやすくなる。


SPブーストカードの中で増加SPが最も多いカード。
奈落の馬騎士『ディカール』を使う下準備も兼ねることができる。

消費SP0で場に出すことができ、敗北エリアで自分のSPを2増やすことができるカード。
デコイや太陽王国の魔歩兵のサポート要員として有力。
夜歩く者『ルザ』魔法王国の偉大なる騎士などを回避するために、序盤の高GSP時には
手札にカードが揃っていてもあえて光の精霊を場に出す、という選択肢がありうる。

SPバックと墓地肥やしができるカード。
優勢ゴウエン時に素出しすれば追従する少年『フェリア』とランダムになる。

SPバックとドロー加速を持ち、AT40になるユニット。
SPブーストカードや聖なる盾と相性がよいため使いやすい。

低コストで場にだせるのリフェスのカード。


SPを溜め込んで攻撃するというファイルの性質上、終盤はSP11程度は軽く支払えるくらい多くのSPが貯まっている。
また、墓地条件を満たすために手札を捨てる行為が、弾丸甲虫のダメージ増加のためにSPを増やす行為に紛れやすい
という利点もある。

最終局面の優勢ローティア時には奈落の馬騎士『ディカール』+無慈悲な死
奈落の馬騎士『ディカール』+聖なる盾の2択にできるのが強力である。


その他採用の可能性のあるカード

太陽王国の魔法兵練達の魔術師等のサポートとして有力。

掌握の雷を採用する場合、優勢ローティア要員として有力なカード。
使い方は練達の魔術師とほぼ同じ。

太陽王国の魔法兵のサポート要員として。

LP回復カードとして。
啓示を受けた者『ラステ』聖域の騎士『サージス』が苦手なファイルなので、
LV5の治癒呪文より発動率の高い、LV6の聖なる輝きの方がベター。


関連

あればそのカード名やファイル名を