神罰神官『フォーチュン』


能力


解説

真教の低AGIキラーのユニット。

相手がAGI2以下ならばプロテクトが付与され、AT+20する能力。
もともとのATが40もあるためかなりの高火力になる。
プロテクトのおかげで2ターン目も攻撃できる可能性があるため、非優勢だろうとHP120までの鈍足型を素出しで互角に戦える。

さらに手札の真教が2枚以上の条件と、相手のAGI2以下の条件それぞれで、相手の手札を山札に戻す疑似ハンデスを行う。
後者の疑似ハンデスはグリモア限定だが、山札の下に戻すので非常に引きにくくなる。

同じく低速ユニットキラーとして優秀な白毛覇『ナンナ』がライバルだが、サポートカードでの自由度があるのがこちらの強み。
低速+突撃なども、即死以外なら問題にならない。

単純な戦闘ユニットとして見た場合は太陽王国の槍騎士EXに劣るが、最大2枚の疑似ハンデスは魅力的。
付けるサポートや疑似ハンデスの価値と相談して、どちらを入れるか選択しよう。


コンボor必殺コンボ

合計SP7と重いが、AGI4以下の相手に対しプロテクト付きのAT80。
しかも援護のおかげでバーン耐性もある。

サマナー&プリーストよりも自分がそろえる条件は厳しいが、相手のAGIが5であってもフォーチュンの対象にとれる。
よってほぼすべてのユニットに対してフォーチュンの能力を発動できる。(騎士隊長『リドレーア』騎士隊長『リドレーア』EXくらい)。
さらにオープンダメージにより非優勢打点100のプロテクトつき。


カード背景



関連ファイル



関連カード

相手のカードのの山札戻しが無い代わりにHPが20多く、山札の枚数次第でさらにAT+20。


関連用語



収録

EXカード『うごめくもの