水力発電


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発電方法名

水力発電
  • 現在の日本の発電量の8%程度が、水力発電。

発電コスト

8.2~13.39円/kW
  • 小水力発電は高コストだが、コストダウン中。

立地

  • 発電所製造費は高い。漁業権などの問題もある
  • 立地が極めて限られる。
  • ダムを作るので立地条件がとても厳しい。
  • 最近は立地条件の緩い小水力発電が注目されている。

施設の解体費

運用費用

  • ダムに砂が溜まるので、浚渫費はそれなり。

電力供給安定度


  • 揚水発電は、発電量の調整に使われる。
  • 発電量調整能力は高い
  • 24時間発電可能だが、発電量は季節や天候に左右される。
  • 燃料になる水は天候任せ

CO2排出

  • 間接排出11g-CO2/kWh

その他自然への影響

  • 環境破壊が大きい。最近も2008年にJR東日本が取水量でイカサマをして、信濃川の環境を破壊していたことが発覚。シャケが獲れないよ、JR。