真相について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネタバレ注意!





























現在の方針 ギャルゲ主体、真相はおまけ程度に扱う。
実際の扱い 3人のヒロインを全クリアしたら真相解明編をプレイできるようになる。
ヒロインルートでは真相について伏線を出さない。
犯人予定
(2011/07 リーダー)
審議中
スレでの話 こちらのページ


名も無き通り魔が犯人


改善するところ


  • せっかく積み重ねたのに6でいきなり他人任せすぎわろた
  • 犯人追い詰められて自害、とかのほうが面白いかも
  • 猟奇殺人するくらいの犯人が自殺ってのも微妙な気がしなくもない


 犯人は最後なんか事故で死ぬ

 事故のきっかけになんか仕掛け考えて、死んだ両親が

 守ってくれたんだ、みたいなオチとかどうかな



 仕掛けってのは例えばよくあるペンダントで弾貫通防いで生きてた

 みたいな感じので
  • 事故で死ぬなら死んだ瞬間が分らない方法がいいな。
 一樹は大丈夫でもヒロインが精神的に耐えれなさそう。
  • エンディングもう一ひねり

詳細

1.街でなんか見覚えのある顔を見かける(犯人)
2.誰かに相談しようかどうしようか選択肢
  (彩葉  葵  桃香  明)
  ※明以外は調査途中にヒロインが犯人に襲われてバッドエンド
3.警察で情報収集なんかもしつつ明と二人で犯人の住所突き止める
4.犯人のアパート前で張ってたら気づかれる
  乱闘になって明負傷!犯人逃走!選択肢!(明快方  追跡)
  ※追跡すると結局見つからず明も重症化しバッドエンド
5.明快方時に記憶フラッシュバック
  両親が殺された時も、実は襲われた直後死ぬ直前の両親に会っていた。
  苦しむ両親を前に恐怖が勝り、快方せずに逃げ出した事をずっと後悔し
  記憶を自ら閉ざしていたのだった!!
  もう迷わない!大事な人を救うんだ!!
6.逃げた犯人は警察に捕まった。
  3で情報をくれた刑事さんが、一樹・明が無茶をしないか心配し張っていたのだった。
めでたしめでたし

謎の宗教団体犯人案


改善するところ


詳細

0.両親の夢を頻繁に見るようになる
1.怪しい団体からの集会参加ハガキが届く
2.何かを思い出すかもしれない、と集会に参加してみると
  個室に連れて行かれ、眠らされて山の団体施設に拉致監禁される
  (人身御供目的)
3.教団員に取り囲まれ、儀式が始まる。
  両親の最期の瞬間がフラッシュバック。
  死を覚悟していると、明とヒロインが颯爽と助けにくる。団員とバトル。
4.バトルの最中、儀式で使おうとした“たいまつ”が施設に燃え移り、建屋全焼
  一樹達は逃げ延び、教団と施設は燃え尽きグッドエンド

叔母過失致死編新


改善するところ


  • 途中からヒロイン出てこないところだけ気になった
  • 1は猟奇的に殺す意味がなさそうだから2と言いたい所だが
 叔母と母ってそこまで似てるのか、気づきそうなもんだが
 整形とかの方がいい気もする
 まあそうすると確実に計画殺人になるわけだが
 (修正済み)

詳細


  • 明の荷物に自分の両親の写真が入っているのをたまたま見つける
 両親の顔は記憶喪失以後まともに見たことが無かったが症状が
 改善しつつあるのでちゃんと認識できるようになってる云々

  • 明が怪しい 気になりだすと何かにつけて怪しく見える

  • 尾行してしまえ→一樹の通うカウンセリングのクリニックに入るのを見かける

  • 怪しい ますます怪しいのでヒロインに相談してみる
 →好感度が一番高いヒロインに協力してもらう(ルート分岐)
 ※過程の会話が変化するだけで本編には影響しない

  • 明の様子を探る 今度は隣町のファミレスで叔母と会っているのを目撃
 怪しすぎる!

  • 何をやっていたかを追求する相手を選択する (1.明  2.叔母)

2.叔母 を選択
 適当にはぐらかされるが負けじと追求、明日全部話すから気持ちを整理する
 時間を頂戴とその日は晩御飯を食べて寝ることに
 なんか変な夢をみる
 朝起きて「あれ……ここはどこ私は誰……」
 晩飯に一服盛られてまた記憶をなくしてしまった!!!→BADEND

1.明を選択
 適当にはぐらかされるが負けじと追求。実は一樹の事が心配で前々から
 症状が改善する手立てを色々調べていた。
 一樹の負担にならないようにこっそりやっていたんだってばよ!

 現場に残っていた血痕などから採取したDNA鑑定結果を入手(金持ち設定が活きる?)
 したので調べていたら意外な事実が!

 死んだ母親(と思ってた人)と一樹は親子じゃないっぽい。
 じゃあ母親は……

話の途中で叔母来訪 一樹に気付かず(ドア一枚隔てて向う、とかで)明と会話を始める
DNA結果を返せとかこの事は一樹には言うなとかで揉める

叔母と明が揉めて乱闘始める
一樹飛び出して仲裁
一樹「やめてよ! 母さん!!」

叔母と思っていた人は実は実の母だったのだ!!!
一樹は話の途中でなんとなく叔母が実母なんだと悟る、という想定です。
以下叔母が泣き崩れて過去語り

叔母の過去案


(案1)
一樹の両親は子供が無かったが不倫関係にあった叔母と父との間に
一樹が生まれ養子として引き取ったのだった。
が、母は面白くないので一樹には冷たく当たったりしていて叔母(実母)は
それを見かねて揉めていた。父も割と適当にことなかれ主義で知らぬ存ぜぬ。
何度かの口論の末にカッとなって二人を殺害してしまったのだった!

(案2)
一樹の父は叔母と不倫関係にあり家庭をかえりみない酷い父だった。
一樹の母そっちのけで目の前で露骨にいちゃいちゃする父と叔母に耐えきれず
母は二人を殺害、我に帰ってから自分の存在を消し叔母になりすますために
二人の顔をグチャグチャにして誰かわからないようにし、かつ猟奇殺人として
偽装した。
元々叔母は独り身で背格好も似ていたので、整形したり引っ越したりで叔母に
なり済まし明の身元を引き取っていた。


叔母過失致死編旧