※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この企画について

素材集企画の始まり

2008年3月、WOLF RPGエディター(ウディタ)の正式版(Ver1.00)が一般公開され、
フリーでありながら、高機能なこのRPGエディターは
これまでに多くの方に愛され、発展してきました。

しかしながら、フリーのエディタであり一人の開発者の手で
改良を続けているウディタは、素材の面で苦労し、
公式の掲示板で投稿される素材の中から少しずつ、
RPGのような比較的規模の大きいゲームを作るための、
基本となる素材を集めていました。

様々な形で新しいウディタ開発者が増える中、
各種のグラフィックや音楽など(時には自作も含め)を一通り揃えるのは、
少し大変だったのかもしれません。

同梱の素材だけで、一通りのRPGが作れるくらいの素材集が欲しい。
そのような気運が高まってきた2009年、
各種のウディタ周りのコミュニティから有志を募り、
第一段階(part1)として、QVGA素材集の製作を始めたのが、この企画の始まりです。

そして、約一年の期間をかけて、すでに同梱されていた公式素材を
補完する形で、第一段階(part1)の素材集は完成しました。
ランタイムパーティ、ウディコン、ウディフェスと、多くのイベントで
本素材集が使われているのを見かけるようになり、非常に嬉しく思います。

第二段階(part2)素材集の製作開始

2011年の初めごろ、初めてのウディタSNS、RPGエディターSNSと、
WOLF RPGエディターのコミュニティSNSが設立され、
ウディタに関わる多くの方との交流が活発になっていきました。

多くの素材製作者も参加しているこのSNSで、
素材集をさらに強化したい、という思いもあり、
2011年4月、第二段階(part2)として、再度企画を立ち上げました。

不確定な要素も多かった中、途中幾度かの進路変更を経て、
2012年5月、640*480(VGA)用の素材集として、リリースすることができました。

この素材集について

このように、本素材集はWOLF RPGエディターの素材周りを
支援する形を取って、開発されてきました。
また、多くのウディタ開発者の助力となることもその目的としています。

このような経緯から、part2素材集のリリースと共に、
正式名称を 「WOLF RPGエディター支援素材集」 とし、
以降はこの名前で呼ぶことにしました。

WOLF RPGエディター支援素材集及び素材支援企画は、
WOLF RPGエディターとその利用者の助力となることを
心より願っております。