トリンギット族

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トリンギット族(クリンキット族)

  • アラスカ、カナダの北西部のごく一部の地域に居住する北米先住民
  • 総人口は1万5千人前後。
  • ナ・デネ語族系の先住民である。北米先住民全体で見ると少数派の系統である。
  • 他の先住民にも言える事ではあるが、白人に迫害された。だが、混血はあまりしなかったとも言われる。
    • 今現在は混血がそこそこな数いるようである。
  • トーテムポールで有名な民族である。
  • アイヌ人との文化的な関連が指摘されている。


トリンギット人の特徴

  • モンゴロイドである。
  • 肩幅は比較的広い。
  • 顔は角張っている者も多い。
  • 身長は低い。
  • 体毛、髭はモンゴロイドとしては発達している。また、眉毛は濃い(北米の先住民は基本薄いのだが)。
  • 彫の深い顔をしている。
  • 髪の毛はストレートから天然パーマまで。
  • 目は二重。
  • 唇は厚い。
  • 鼻は高く長い。
  • 血液型はB型33%、A型31%、O型24%、AB型12%。
  • 頭は短頭。(頭の前後が短い)長頭もいるようだ。
  • 狩猟採集民である。


トリンギット人の写真。


トリンギット人の男性 1913年に撮られた写真。