モロ族

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モロ族

  • パラワン島、ミンダナオ島、スールー諸島などに住む。
  • 人口は250万人前後といわれ、マレー系の民族集団としては数が少ない。
  • モロ族というよりモロ人に近く、様々なマレー系の部族・民族の集合体である。


モロ族の特徴

  • 南方モンゴロイドである。
  • マレー系の民族集団である。体型、体質もマレー系と基本違わない。形質はマレー系を参照。
  • 違いとしてはマレー系としては毛深く髭が濃い。肌の色がより褐色である。また、天然パーマも比較的多い。
  • また、マレー系の中でも彫が深く、鼻が高い者も多い。
  • これらは、古モンゴロイドの影響とも考えられる。
  • 血液型はO型88%、A型8%、B型3%、AB型1%。
  • 頭は短頭(頭の前後が短い)。
  • 戦闘民族として世界的に知られており、スペイン人や米軍を苦しめた事でも知られる。
  • モロ族は戦争・戦闘に関する逸話が多く、戦闘に特化した民族集団として世界的に知名度があり、また、恐れられている。
  • 彼らは烈しい気性に加えて、優れた戦闘術で世界の強国と戦ってきた。
  • 基本農耕民だが、地域によっては漁業などが中心な部族もいる。
  • 写真を見る限り他のマレー系と大して形質が違わないように見える。


モロ族を構成する部族や民族。
Kalagan、Bajau、Kalibugan、Maguindanao、Yakan、Banguingui、Illanun、Maranao、Samalなど。

プロトマレーの事を書こうと思ったのですが、自分の知識が中途半端過ぎて書けません(笑)
モロ族を構成する人たちにプロトマレーが多い為、フィリピン北部と形質が違うと憶えたのですが。

モロ族の写真。

Maguindanao guerillas, 1999 http://www.flickr.com/photos/54106155@N00/2142555559/
author:Keith Kristoffer Bacongco from Davao, Philippines http://www.flickr.com/people/54106155@N00
Maguindanao




なんか分からんが素晴らしいニュースが

比政府と武装勢力、新自治政府で合意 2012年10月7日 沖縄タイムス
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-07_39944

「武装解除の用意」解放戦線幹部が明言 ミンダナオ和平 2012年10月8日 朝日
http://www.asahi.com/international/update/1008/TKY201210080361.html


モロ族も然ることながら、フィリピン政府の大人な対応に驚きました。素晴らしい。