アンダルシア人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンダルシア人

  • スペイン人を構成する民族の中の一派。
  • イベリア半島のアンダルシア地方に多く居住。
  • 総人口は1750万人。


アンダルシア人の特徴

  • 南方系のコーカソイドである。
  • 肩幅が広い。
  • 男性の平均身長は175cm前後とコーカソイドとしては小柄。また筋肉質である。
  • 手足が長く、顔が小さい。ズングリ体型の者も多いという特徴がある。
  • 身長の割には顔が長い。
  • 体毛、髭が非常に濃い。
  • 髪の毛は天然パーマ。黒髪が多いが、子どもの頃に稀に金髪の子もいる。アンダルシア人は金髪の発生率がスペインの中では高いという。
  • 瞳の色は茶色、青、緑など様々である。
  • 肌は湿っている者が多い。
  • 目の形質は切れ長の鋭い目、丸い目など様々である。
  • スペイン人の中でも特に深い彫、高く長い鼻、長いまつげ等を持つ。
  • 唇は厚い。
  • 血液型はO型50%、A型46%、B型3%、AB型1%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • イベリア半島の民族、ラテン系の民族全体に言えることではあるが時間にルーズである。
  • スペイン人の中でも特に熱い喧嘩っ早い性格である。
  • 陽気であるが宗教には厳格である。
  • 他のスペインの民族にも言えるが個性的な文化人を多く輩出している。