ケルト人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケルト人

  • ケルト人。主にアイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランスのブルターニュ地方などに住む。
  • アメリカ合衆国にも大量に移民しており、米国白人の3割がケルト系である。現在でも米国の文化に強く影響を与えている。




ケルト人の特徴

  • 遺伝子的には南方系の白人である。
  • 肩幅が広い。
  • 背が南欧よりは高く、また筋肉質である。全身の筋肉が発達している。歳とともに肥満が多くなる。
  • ヨーロッパ人としては小柄な者も多いが、長身も多い。
  • 手足が長く、顔が小さい。頭は大きい。ズングリ体型の者も多いという特徴がある。
  • 顔は角張っている。ゲルマン系と比べると顔が縦に短く、寸詰りな顔である。ただ、必ずしもそうではない形質の者も多い。
  • 体毛、髭が濃い。
  • 鼻が長く高い。鼻の横幅は狭い。
  • 髪の毛は天然パーマ。ストレートもいる。黒髪が白人の中でも特に多いが、子どもの頃は金髪も多い。
  • 瞳の色は青や緑、その他の色も多い。
  • 肌は湿っている者が多い。
  • 目の形質は切れ長の鋭い目、丸い目など様々である。
  • 唇は薄い。
  • 血液型はO型52%、A型37%、B型8%、AB型4%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 性格が非常に熱い喧嘩っ早い性格である。米国ではマフィアがイタリア系のマフィアを凌いで、政治的影響力があった時代もある。
  • 非常に明るく自由な性格であるが、宗教には極めて厳格である。また、意外にも保守的と評されることもあるようだ。
  • いわゆるマッチョ体質であり、男尊女卑な文化も今現在も保っている。
  • 極めてプライドが高い民族、と言われる事が多い。また、民族的習慣を大事にしている。
  • 波乱万丈な人生を送る者が多く、ケルト民族の性質・文化ともいえる。また、女性の性格が強烈だと評されることも多かった。今もそうしたステレオタイプが存在するという。
  • 遺伝子的には「地中海人種」に近いことが近年の研究で明らかになってきているようだ。
  • 極めて「マイペース」で「いいかげん」な性格をしているが、IT(情報技術)などで近年才能を発揮する者も多い。
  • 逆にノーベル賞などはアングロ・サクソンユダヤ人などと違って疎遠である。
  • ゲルマン系と比べると小柄であるがスポーツが得意な者も多い。
  • また、いわゆる極端な個人主義のアングロ・サクソン人やゲルマン人と比べるとケルトは集団性が高い。民族意識が強いと言ったほうが正確かもしれない。
  • ケルトは肌の色が「赤い」などという人もいるが、基本白い。
  • また、赤毛が多いとされることがあるが、必ずしも正しくない。白人の中では赤毛の比率が高いというだけである。
  • 整った顔が多いと評されることが多い。セクシーと評される男性が多いとも言われる。
  • イタリア系と仲が悪いことで知られるが、遺伝子的には近縁であることが判ってきている。
  • 発達障害や行動障害を抱えている者が多いといわれる。ただ、神経症や鬱病は少ない。
  • 米国移民は酷い民族差別を受けたが、そのたくましさ、明るさで乗り切った。今でもその経験から少数派を擁護する者も多い。
  • 政治的な話としては、北アイルランドの問題とスコットランド・ウェールズなどの問題はまだ解決しているとは言えず、アングロ・サクソンとの火種は多い。




ケルト人は小柄か? 小柄と言われることも多いケルト人ではあるが・・・

アイルランドでは栄養状態に未だに問題を抱えている地域も多く、栄養状態により小柄な者が多いのだと考えられる。
米国移民もゲルマン系などと比べると小さいが、男性が177㎝前後の平均身長を維持しており、長身の民族ということもできると思います。



ケルト人の写真。

アングロ・サクソンの写真を探していて見つけた写真。

アイルランド系アメリカ人。政治家・実業家。

Edgeworth Source:Billinghurst author:Michael Hardy
典型的なケルト民族の性質をしていたエッジワース。彼はスペイン人の遺伝子も引く。

ケルト系の民族一覧