ハウサ人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハウサ人

  • 西アフリカ最大の民族集団の一つである。
  • 基本ナイジェリア人である。ヨルバ人、イボ人と並ぶナイジェリア三大民族の一つである。ナイジェリア以外にも居住している。
  • ナイジェリアの中心民族でナイジェリアの実権を握っている。
  • 人口は3500万人。


ハウサ人の特徴

  • 暑さに強い者が多い。
  • 肩幅が広い。また、厚い胸板などが特徴。全身の筋肉が発達している。
  • 手足は非常に長く、指も長い。顔が小さく頭も小さい。
  • 身長はかなり高く185cmを超す者も多い。
  • 非常に体が強い。
  • 髭は濃い。黒人の中では比較的体毛も濃い。
  • 髪の毛は強いカール。 
  • 汗腺が発達している。
  • 二重で大きな目で、まつげも長い。
  • 唇は厚い。
  • 口は大きい。
  • 鼻は横に広く大きい。
  • 血液型はO型61%、A型22%、B型16%、AB型1%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 農耕民族である。
  • トウモロコシなどを育てている。
  • いわゆる一夫多妻である。
  • 保守的といわれる民族性である。
  • 都市部がかなり発展しているナイジェリアであるが、その実権を握っているのが彼らである。



体格と筋肉。
栄養状態がよければ体格が非常によく、手足が発達している。
筋肉も非常に発達している。

血液型について。
やはり捏造している人たちがいるようだ。
実際はO型が多い。黒色人種は基本O型が多いのが実情である。


ここに色々自分が書いてます。
ウィキ・リヒト管理人
ウィキ・リヒト管理人2