シュアール族

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュアール族

  • アマゾン川上流に住む民族。ヒバロ族とも呼ばれる。シュアル族とも。
  • 南米先住民である。有名な部族である。
  • 伝統的な生活を今も続けている部族である。
  • 系統は南米南大西洋地域の先住民である。


ヒバロ族の特徴

  • 南方モンゴロイドである。古モンゴロイドに分類される事もある。
  • 形質は南米南大西洋地域の先住民と一緒である。
  • 農耕民であり、キャッサバを栽培している。
  • 吹き矢を使用した狩猟なども行う。
  • 現在も一夫多妻制である。
  • 首狩りと干し首の習慣がある。今もこの習慣が残っているとの話もあるようだ。


ウィキペディアの記事。
首狩りの風習があり、手に入れた首級を乾燥させ全体を縮小させ目や口を糸などで縛った
乾首(ツァンツァ)に加工していたことで有名である。