ササク人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ササク人

  • インドネシアのバリ島の隣りのロンボク島に住む。
  • マレー系の民族の1つ。
  • ササク語を喋る。
  • 人口が少ないと思われがちだが、250万人前後の人口を維持している。
  • イスラム教徒が多い。



ササク人の特徴。

  • 南方モンゴロイドである。
  • 暑さに強い形質と考えられる。
  • 肩幅が狭い。
  • 体が華奢である。
  • 身長は低い。バリ人よりも小柄である。
  • 体毛は薄い。
  • 髪の毛はストレートが多い。また髪は湿っている。
  • 汗腺が発達しており汗を掻きやすい。
  • 目元が窪んでおり彫が深い。
  • 唇は厚い。
  • 口は比較的大きい。
  • 鼻は横に広い。
  • 血液型はO型63%、A型20%、B型14%、AB型3%。
  • 頭は短頭。(頭の前後が短い)
  • 灌漑水稲で生業を立てている農耕民である。ただ、狩猟・採集なども行っている。
  • 1990年代以降、となりの島であるバリに大量に移民しているようだ。
  • 非常に整った顔と日本人女性に評価されることがあるようだ。(ただ、バリ人だと日本人に思われているらしい)
  • イケメンのみならず美女も多いとの評判のようだ。
  • また、バリの治安を彼らが悪化させているとの評価があるようだ。