イテリメン人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イテリメン人

  • ロシア・カムチャツカ半島に住む民族。
  • 古代シベリア人。シベリアの先住民の1つと考えられる。
  • 分類では「シベリア人種」と呼ばれる事のある系統である。


イテリメン人の特徴

  • 古モンゴロイドの一派と考えられる。北方系の新モンゴロイドである可能性もある。
  • 肩幅は比較的広い者も多いようだが基本は狭い。
  • 手足はそれほど長くはない。
  • 身長は低いが黄色人種としては筋肉質。
  • 目は二重が多い。蒙古襞がない者も多い。
  • 髭は薄いが濃い者もいる。
  • 髪の毛は基本ストレート。
  • 唇は厚い。
  • 鼻は横に広く黄色人種としては高い。
  • 肌は白いか赤褐色の肌も多い。
  • 頭は短頭。(頭の前後が短い)
  • 狩猟民族である。
  • 元々は上記に記したような形質であるがロシア大多数の白人との混血は避けられず「ロシア白人(スラヴ人)」の形質を持った者も多い。


イテリメン人にも元々彫の深い人はいたようですが、今は完全にスラヴ化している人もいるようで、
女性でも目が深く窪み目のところに影が出来ている人の写真まであるようですね。
ロシア先住民のロシア白人化を「イテリメン人」の最近の画像を見て改めて感じました。