ゲルマン系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲルマン系

  • 広義のゲルマン人。ドイツオーストリア、スイス、オランダ、イングランドのアングロ・サクソン人、ルクセンブルク、ベルギー北部のフランデレン人、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アラマンニ人、フランスのアルザス人、イタリアの南ティロル人など。
  • 米国の白人(彼らの言うところの白人の定義)の7割がアングロ・サクソンを含むゲルマン系である。
  • また、フランス白人の一部ルーツにもなった。
  • 若干、地域差が存在する。また、ゲルマン系とされる民族の一部はゲルマン系かどうか論争を呼んでいる民族もいる。


ゲルマン系でほぼ共通する特徴

  • 背が高い、全身が筋肉質、切れ長の大きな目、体臭・口臭が強い、顔が骨張っている、非常に毛深い、長頭が多い、顔は面長、などの特徴がある。
  • 髪質は南欧系よりもストレートが多いが、基本ウェーブから、癖の強い天然パーマまで。ストレートも日本のような硬い髪のストレートではない。
  • 狩猟生活が長かった為とも言われるが、「肉」「魚」やそれ以外の油分の多い食物などはあっさりと消化・吸収する胃腸をもっているが、
  野菜などの食物を消化するのは苦手な体質といわれている。いわゆる欧米の食文化は彼らの体質によるところが大きいともいわれる。
  • 胃腸がとにかく丈夫で、胃もたれは少なく下痢も少ない。胃の形状や腸の長さ太さに関係があるという。
  • また、大食漢。ゲルマン系だけで地球上の食べ物の93%を消費しているようだ。(最近は東アジアや中南米地域の経済発展で割合が違うらしい)
  • お酒に強い。アルコールも世界の7割をゲルマン系が消費している。(7割以上だそうです。よく考えると宗教で規制している国も多いからな)
  • 黄色人種に「乳糖不耐症」が多いのに対し、非常に少ない。分かりやすく言うと牛乳を飲んでも下痢をしない。
  • 若い頃はスリムで筋肉質、手足が長く小顔で精悍な顔つきなどの特徴を持っているが、25歳前後から太り始め肥満が多くなる体質である。
  • 精力、性欲も強く、回復力も高い。また、性病にも強い。白人の人口が殖えた要因ともいわれる。
  • 比較的長生き。ただ、寿命・健康寿命も黄色人種の方が全体的に長いとされる(ただし貧しい国はそうでもない)。
  • 眉毛は薄い。髪も男性は薄くなりやすいが髭は発達しており伸ばすと立派に生え揃う。
  • 狩猟生活が長く、ローマ人のような農耕民族の優れた先進文明に生活・生命を脅かされる事も多かったが、持ち前の腕力、体力で乗り切った。
  • 生活が厳しい時期も多く存在したが、とにかくその強い体で、戦争、飢餓、伝染病に勝利を収めた。
(この書きかたどうですかね。外国のサイトとかを見ると「勝利を収めた」などと書かれているのでちょっとマネしてみました(笑)。


書き途中。記事を追加していきます。
人種別に多い病気なども書いていこうかと思いましたが、あまりにネガティブな感じもするのでやめる事にします。


ゲルマン系は食べてる割に痩せやすい。

ゲルマン系は、日本の相撲取りと同じ位のカロリー摂取をしています。でもお相撲さんほどは太っていない・・・。羨ましい体質ですね。
因みにゲルマン系諸国の一日平均摂取カロリーは地域に差異あれど、4000キロカロリーから10000キロカロリーというから驚きです。
日本の男性は一日平均2000キロカロリーから3500キロカロリーともいわれています。
因みに韓国人の平均摂取カロリーは男性で1500~2500。中国人は男性で1000~1500(都市部はもう少し多いと思われる)。
フィリピンの男性は1000~1200(たぶん貧困によるもの)

この摂取カロリーでもアジア各国で肥満が社会問題になっている。
黄色人種は太りやすい体質であるのは遺伝子でも証明されているが、これはなんとも言えない感じですね。

日本人はアジアの中では大食いで、縄文人から大食いできる遺伝子(いわゆる胃腸が丈夫)な体質を受け継いだ為とも考えられている。
因みに琉球人も小柄ながら大食いであるが、これも縄文人と同様、
昔から肉をたくさん食べていた為に、脂・タンパク質の消化・吸収能力などが高い為と考えられる。(因みに琉球人は農耕民であるが大和民族よりも農耕生活が短い)

ただ、欧米人のタフな胃腸と比べるとやはり悲しくなるものはある。


白人は背の高い人ほど胃腸が丈夫な傾向がある。
という話を聞いたことがあるが、
ウィキリングファミリーは全員黄色人種ですが、長身の者は全員胃腸が丈夫です。
身長などとも関係しているのかも知れません。、



ゲルマン民族は優れている という偏見^^

ゲルマン民族といえば昔から狩猟民で戦上手で知られ、今もアングロ・アメリカが世界の軍事を支配している。
彼らは今の文明の時代にも男らしさ・狩猟民の性質を失わず文明に適応している。
また、文明・文化を創り出している。(これはユダヤ人の存在も大きいが)。
多くの狩猟民が近代・現代文明に適応出来ずに苦しんでいるなか不思議である。
「ゲルマン民族は優れているから」としか言いようがない話である。


※ページを少し修正。文章が幼稚すぎるので。でも、また酒に酔って書くと同じようになってしまう。