フィン人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィン人

  • フィンランドとその周辺に住む。いわゆるフィンランド人である。
  • ウラル語族、フィン・ウゴル語派である。


フィン人の特徴

  • 北方のコーカソイドである。
  • 白人の中で最も色素が薄いともいわれる。
  • 身長は男性平均180㎝と長身である。
  • 北欧は比較的縦長の顔が多いが、フィン人は顔が短い寸詰まりな顔が多い。
  • 平均的な白人男性よりも、フェミニンな顔の男性が多い。
  • 全身筋肉質である。ただ、ノルマン系やスラヴ系ほどのような厳つさはない。
  • 髭や体毛が濃いが色素が薄い為、目立ちにくい。
  • 髪の毛は天然パーマ。ストレートも多いが髪質はやわらかい。色は金髪から銀色に近い者までいる。
  • 瞳の色も薄く明るい色が多い(ライトブルーなど)。
  • 目元が窪んでおり彫が深い。
  • 鼻は短く高い。
  • 血液型はO型50%、A型39%、B型8%、AB型3%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)中頭も多い。
  • 非常におとなしく無口な性質を持っており、「鬱病」も多く「鬱病遺伝子」の研究の対象になっている。
  • モンゴロイド遺伝子が見つかっており、モンゴロイドから「鬱病遺伝子」引き継いだのではとも言われている。
  • また、黄色人種並みに強迫性障害(神経症)などが多く、キレイ好きな民族でも知られる。
  • また、真面目で暗黙と言われる性格である。
  • また、モンゴロイド並みに学業が得意である。(世界学力テストなど)




実は色々と「フィン人」に対して日本人が勝手にフィン人の特徴を捏造しているが、あえて反論は書きません。



身長について

  • 身長は平均177cm前後とヨーロッパ人としては小柄である。
などと書いたが、すいません。間違いました^^。 最新の資料では180㎝だそうです。
http://www.suku-noppo.jp/data/←のサイトさまを参考にしました。

フィン人の写真。