アングロ・サクソン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アングロ・サクソン

  • 主にイングランドや米国、カナダ、オーストラリア、ニュージランドに住む。
  • ゲルマン系の民族である。
  • 米国の(彼らの定義するところの)「白人」の中のアングロ・サクソンの比率は3割前後である。


アングロ・サクソン人の特徴

  • 北方系の白人である。
  • ただ、元々は遺伝子的に南方系の白人であるケルト人と混血が認められる。
  • 肩幅が広い。
  • 背が高く、また筋肉質である。全身の筋肉が発達している。
  • 腕は太く足は細い。手足が長く、顔が小さい。頭は大きい。
  • 顔は角張っている。また、広い額を持つ者が多い。
  • 体毛、髭が濃いが色が薄い為、分かりづらい。眉毛は薄い。
  • 鼻が長く高い。鼻の横幅は狭い。
  • 鼻の下が非常に長い。また、歯茎が長い者も多い。
  • 歯は比較的大きい。
  • 髪の毛は天然パーマ。黒髪が多いが、子どもの頃は金髪が多い。ストレートも多いが、髪質はやわらかい。
  • 瞳の色は青やその他の色も多い。
  • 肌は乾燥している。
  • 切れ長の鋭い目をしている者も多いが丸い大きな目をしている者も多い。
  • 下顎骨と頬骨が横に広く張り出しているが狭義のゲルマン人よりは幅が狭い。
  • 唇は薄い。
  • 血液型はO型42%、A型41%、B型11%、AB型6%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)。
  • 若い頃はスリムな者も多いが、歳とともに肥満が多くなる。
  • 狩猟生活が非常に長かった民族で、スポーツなどの分野で才能を発揮する者も多い。
  • 格闘技、ラグビー、アメフト、ハンドボール、水球、水泳選手などの選手を多く輩出している。
  • 野球やクリケットのようなルールが細かいといわれるスポーツでも力を発揮している。
  • アングロ・サクソンはゲルマン系であるため体臭、口臭などが非常に強い。
  • 軽い斜視が非常に多い。
  • 黒人の遺伝子が少し入っている。
  • 身長が高い民族の一つである。
  • 非常に怒りっぽく短気な民族と言われ、イギリス、米国、カナダ、豪州は喧嘩が多く問題にもなる。
  • また、あかるく陽気で頭も良く世界を事実上支配している民族ともいわれる。
  • ストレスに強く、鬱病や神経症は少ないが、米国は不眠症が多い。
  • タトゥー(刺青)を入れるのが好きな民族である。
  • ファッションや政治的意見に個性、独自色、大衆に反対する。などの性質を強く示すことが多い。これはフランス人にも見られる。
    • いわゆる他の人と同じ事をするのを嫌がったり、他の人と違う意見を言って自分の意見を際立たせるなどの行為を頻繁に行う。
    • こういった性質は「フランス人の典型」なとど言われるが、アングロ・サクソンの方がむしろ際立っていると言われているようだ。
    • この性質はフランス人を評す場合、持ち上げるときは「これによって民主主義や自由主義が成り立った」と言われ、蔑むときは「何にでも反対で協調性がない」などと世界から批判される。
    • ところがアングロ・サクソンの場合、こういった性質は世界から否定的な目で見られることが多いらしく、「目立ちたいだけ」「奇抜なだけ」「オレ様」だと評されてしまうらしい。



性格や肌の色、形質について。上と少し重複するが。

  • フランス人、イタリア人などとラテンヨーロッパと同様、それほどキレイ好きではない。
  • 非常に陽気な民族である。また、頭も良いといわれる。
  • 非常に短気な民族でも知られイギリスとアメリカ、カナダ、豪州は喧嘩などが多いのは世界的な常識ですが、今は日本のマスコミや日本人の欧米に詳しい人たちが彼らに気を使っているようで言われなくなった。
  • また、人前での礼儀を重視する民族でも知られる。
  • また、独特の感覚(味覚やファッション)をもっている。
  • また、肌の色に個人差がかなりあり、「白い」とは限らない。
  • キレイな歯並びの者が多いが、他の白色人種と比べると歯が大きく子どものころ矯正している者が多い。
  (コーカソイドで歯が大きいのは彼らやタジク人などと限られている)
  • 非常に鼻の下が長い。顔は面長が多く、また、白人の中でも長頭が多い。顔は小さく手足が長い。
  • 男性ホルモンが多い為、頭髪が薄くなりやすい。
  • ドイツ人と比べるとギョロ目で大きな目が多い。
  • 文化人も多数輩出するが、スポーツ選手・格闘技の選手も多数輩出。アングロ・サクソンは文武両道といったところか。


余談。
自分は、アングロ・サンソン人のあの熱い性格は、絶対にケルト人の影響だと確信しているのです。(ケルトは遺伝子は南方系)
「性格は怒りっぽく、男らしい(マッチョ体質)、負けず嫌い、宗教に厳格、傲慢」、等の性格は、本来南ヨーロッパの性質ですよ。
南方系白人の陽気さの中に、北方系の白人に見られる知的さが加わった感じですかね。
表向きレディーファースト。紳士的な態度のアピール等。
また、白人は個性的な人が現実的に多いが、その中でも特に個性的な民族といわれる。
それとは反対に、国家・宗教・伝統も重視する保守的な民族でもある。
白人の中でも、その性質は良い意味でも悪い意味でも「特殊」と欧米で言われる事もある。
それとアングロ・サンソンが必ずしも欧米で大多数的立場にいるワケではなく、
少数派とはいかないまでも、アングロ・サクソンに対して差別的な意味で「傲慢」などと批判されることがあるということを理解せねばならぬようだ。


マッチョ体質=悪く言うと男尊女卑的。良くいえば男らしい。(体型のことではない)。

アングロ・サクソンの写真。
アングロ・サクソン人は北方系の白人です。ですから、日本人の多くが白人に期待する顔立ちとは少し違うのかもしれません。
スペイン人イタリア人のような彫の深い端整な顔立ちを期待すると、実際は違うことが間々あります。
アゴの発達や、頬骨の発達は北方系の白人というかゲルマン系には多く見られ、
逆に欧米の白人俳優にはあまり見られないので、その形質は彼らの美的感覚からもズレているのでしょう。
ですが、ここでは中立にアングロ・サクソン人の写真を載せていくことにします。
ハリウッドスターのような美男・美女は例えいなくとも、北方系白人の見た目を理解する上では有益だと自分は考えます。


ゲルマン系の白人さんに多く見られる形質です。さわやかですね^^

アングロ・サクソンの俳優さんです。

London - Columbia Market - 2231 author.Attribution:Jorge Royan 

アングロ・サクソンな方達の写真をもっと載せようと思ったのですが、アングロかどうか分からない写真が多すぎなのでやめます。
俳優などをたくさん載せていこうと思います。