アフリカン・アメリカン(米国黒人)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アフリカン・アメリカン(米国黒人)

  • アメリカ合衆国に奴隷制で白人によって連れてこられたアフリカ黒人の事である。


アフリカン・アメリカンの特徴

  • 暑さに強い者が多い。
  • 肩幅が広い。また、厚い胸板などが特徴。全身の筋肉が発達している。
  • 手足は非常に長く、指も長い。顔が小さく頭も小さい。
  • 身長はかなり高く190cmを超す者も多い。ただ、子供の頃の栄養状態に因って身長に個人差がある。
  • 髭は濃い。体毛も濃い。
  • 髪の毛は強いカール。 
  • 汗腺が発達している。
  • 二重で大きな目で、まつげも長い。
  • 唇は厚い。
  • 口は大きい。
  • 鼻は横に広く大きい。
  • 血液型はO型51%、A型26%、B型19%、AB型4%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 狩猟生活が長かった彼らは、スポーツが得意な者も多くその関連で活躍する者も多い。


血液型について。

「A型が多く80%」などど捏造されることが多いが
実際はO型が多い。黒色人種は基本O型が多いのが実情である。